画像: 播磨の酒文化ツーリズム レポート3

播磨の酒文化ツーリズム レポート3

ツアー2日目、まずは奥播磨を醸す下村酒造店へ。 明治17年創業、姫路市安富町にあり『手造りに秀でる技はなし』を家訓として、現在は純米蔵として750石ほど造られています。 店主兼杜氏の下村裕昭さんにご案内いただきました。全量酒造好適米を使用し、うち8割が町内の契約栽培で収穫した兵庫夢錦、他に山田錦、兵庫錦となっています。 酒米の研究開発や、山田錦の種を守るための酒米試験地が近くにあることからも、安富町は米作りに適した地域である証拠だと、下村さん。 奥播磨の特徴は、米の旨味、味わいを引き出し、お燗酒でまたその真価を発揮する、食中酒として飲み飽きしない味わいです。 全国にファンも多く、週末には県外からも奥播磨を求めて多くの方がいらっしゃるとのこと。 一般向けに酒蔵見学はされていませんが、試飲もでき、奥播磨の全ての種類を蔵内の店で販売しているので、周囲ののどかな環境に触れつつ、蔵にも訪れてみてはいかがでしょうか? そのあとは、宍粟市にあるカフェさんしょうへ。 もともと三笑という銘柄を造っていた酒蔵をリノベーションし、カフェを経営、ランチもできお土産も販売されています。 こちらでの見どころは、この大きなのぼり旗! ヤマタノオロチが八塩折の酒を飲んでいるところが描かれていますが、昔は端午の節句の時、各家庭で鯉幟ではなくこのようなのぼり旗を立てかけていたのだそう。とても迫力ある絵ですし、立派ですね...。 ここでは、酒粕シフォンケーキとコーヒーで一息。 そのあとは同じ通り沿いにある老松酒造でランチをしましたよ。 今年2月9日にオープンしたばかりの、発酵食レストラン老松ダイニングは、中庭が見えて落ち着く空間。女将の前野久美子さんが切り盛りされていました。 今回は、「発酵ありがとうランチ」をいただきましたが、小鉢は豆腐粕漬けやほうれん草のこうじ和え、メインは酒蔵肉もろみパスタ、デザートには玄米ヨーグルトやもち米甘酒など、発酵食材をふんだんに使ったお料理の数々 肉もろみの ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.