画像: 女性の日に女性ピッツァ職人だけのコンテストが開催!!

女性の日に女性ピッツァ職人だけのコンテストが開催!!

本日のピックアップフォトは女性ピッツァ職人だけの大会「ポンティコルヴォカップ」の上位3名との記念真です。
3月8日イタリアのミモザの日(女性の日)に、幕張メッセのナポリピッツァステージでは、女性だけのナポリピッツァ職人選手権「ポンティコルヴォ杯」が開催されました。
優勝は名古屋「ソロピッツァナポレターナ大須本店」岡林亜希代さん。
二位は東京「ダ·グランツァ洗足池店」宮本沙矢香さん。
三位は長野「ロジック長野駅前店」池田明日香さん。
この上位3名にはアリタリア-イタリア航空より、イタリアナポリと東京の往復航空券が贈呈されるとあって、本日も皆さん気合いの入った熱戦が繰り広げられましたよ。
熱戦の様子はこの後のブログでどうぞ!!
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
世界では3月8日は国際女性デーとされ、女性の自由と平等を掲げる日として祝われています。
イタリアでは、Festa della Donna(女性の日)と呼ばれて、男性から女性にミモザを贈って感謝を捧げる日になっていて、子供は母親に、夫は妻に、カップルだけでなく会社の同僚にもミモザを贈るんですよ。そんなミモザの日に「女性ピッツァ職人だけの大会」が開催されました。
始まる前に私服で大会の説明を受ける選手の皆さん。
去年の大会はクラシカで個性を競い合いましたが、今年はマルゲリータだけの勝負です。
ミモザカラーの黄色のユニフォームに着替えて大会が始まります。
大会初参加の人も多く、皆さんの緊張がこちらにも伝わりました。
大会役員や審査員、スタッフを紹介してからいよいよ大会が始まります。
整列している選手の皆さん、ミモザカラーの黄色いTシャツが華やかで良いですね。
観客も大勢集まってきて、緊張感も高まってきました。
昨年の優勝者「ピッツェリア・ダ・グランツァ」の宮本沙矢香さんのピッツァも良い姿ですね。
師匠の坂本大樹氏も会場に来て見守っていました。
この大会はイタリア大使館も後援してくれていて、なんと駐日イタリア大使のジョルジョ・スタラーチェ閣下も会場に来てご挨拶をいただきました。イタリアから来日しているポンティコルヴォ社のMassimo Ponticorvo社長と、日本でポンティコルヴォ社のモッツァレラを輸入しているSAYU(株式会社佐勇)の佐藤広志社長も一緒に記念写真。
昨年の大会も僕が実況解説をしていたのですが、今年のレベルはかなり高いと思いました。
特にこのソロピッツァナポレターナの岡林亜希代さんのピッツァは凄いと感じましたね。
元なでしこリーグのサッカー選手という異色のキャリアを持ち、今では毎日1000枚もピッツァを焼くソロピッツァナポレターナ大須本店の店長として、10年以上のキャリアと実力を持っている根性のある女性ピッツァ職人です。
全国どころか海外にも店舗展開しているロジック長野駅前店の池田明日香さんは、大会初参加とは思えない、姿の良いピッツァを焼いていました。焼いているときに、後ろの方からこっそり見守っていた人が、師匠でナポリの世界大会で1位のタイトルもとっている庄司淳一君ですが、終わったら静かに会場を去ってしまいました。派手な応援をしないで静かに弟子を見守る昔気質の師匠なんですよね。
他の選手のピッツァもどれも素晴らしくて、全体的にレベルの高い戦いになりました。
今回は女性の日ということで、イタリア人女性タレントとして活躍しているユリコタイガーさんも審査員に加わってもらいました。
表彰式で最初に名前が呼ばれたのは、ロジック長野駅前店の池田明日香さん。
呼ばれた瞬間は「まさか!」と言った驚きの表情。
信じられないと言った表情で表彰台に向かいます。
三位、長野「ロジック長野駅前店」池田明日香さん、おめでとうございます!!
これから更に腕を磨いて、自分の後ろに続くピッツァ職人達を育てながら、次回の優勝を目指してくださいね。
次に名前を呼ばれたのが「ダ・グランツァ洗足池店」の宮本沙矢香さん。
2位に輝いた宮本 沙矢香さんは、昨年のチャンピオンなので、今年も優勝して連覇を狙っていたから悔しさも感じたようですが、今年の大会のレベルの高さで2位を獲得したのは、本人が努力をし続けて、去年よりもレベルアップしていたからこそです。ポンティコルヴォカップは、これからどんどん実力派の女性ピッツァ職人が参戦してくることが予想されるので、宮本さんも互角に戦うために、益々精進して、来年は再び頂上を目指してくださいね。
そしてアリタリア-イタリア航空のマッシモ・アッレグリ・アジア太平洋地区統括支社長とCAのお二人が登場して、いよいよ優勝者の発表です。
名前が呼ばれた瞬間に、岡林亜希代さん(ニックネームはロッセーラ)の腕が力強く上がりました。
ガッツポーズをしながら壇上に上がり、厳しい師匠の牧島昭成氏と喜びのハグ。
僕がナポリピッツァの食べ歩きを始めた頃に、牧島さんから「チェザリで実力No.1ピッツァ職人岡林です。こいつはなでしこでサッカーやっていたから根性あるんですよ!」と紹介されましたが、実力がありながら、色々な大会に挑戦しても毎回2位で「シルバーコレクター」とか、「本番に弱い」などと言われて悔しい思いを重ねてきたロッセーラが、ついに優勝台に上りました!!。
師匠の牧島昭成さんの言葉をそのまま紹介しましょう、日頃自分にも弟子や後輩達にも厳しい牧島さんの愛のある言葉が心に響きました。
「ロッセーラはチェザリにて私のフォルナイオ(窯焼き係)として10年以上コンビを組んだ、うちのグループの中でも実力No.1のピッツァ職人ですが大会では何時も2位準優勝でした。。。勝ち切れない何か自分の中にあったものが吹っ切れたのが今回の大会だったと思います。それは、自分の為だけに戦うのではなく、みんなの為に戦うこと!!会社みんなのことを背負って戦い勝ちに行く。そして勝ち切る!!実践出来た彼女の今後が楽しみで仕方ありません。」
ナポリ式の乾杯でポンティコルヴォカップは終了です。
皆さんお疲れさまでした。
三位に入った池田明日香さんの師匠はロジックの庄司淳一さんで、その師匠がイルタンブレロの大坪善久さんです。実はその大坪さんがナポリで修行した店が、今回審査員をしているアドルフォマルレッタ氏の「ラ・スパゲッタータ」ですから、偶然とはいえアドルフォさんから見れば4代目の弟子です(笑)。
*この写真を撮ったときは、お二人ともその関係は全く知りません(笑)。
二位の「ダ・グランツァ」の宮本沙矢香さんと師匠の坂本大樹氏のツーショット。
東急沿線グルメとしてテレビや雑誌でも紹介され、人気急上昇中の「ダ・グランツァ」の宮本さんには、今年もナポリに行って、より高いステージを目指していただきたいと思います。
来年のチャンピオン復活を楽しみにしています。
会場には200万人の読者を持つ「Dissapore」のイタリアNo.1フードブロガーAntonio Fucito氏やタレントのフィフィちゃんも遊びに来てくれましたよ。
ナポリピッツァのコンテストの司会進行は初挑戦というAyaka Igarashiさんも大変お疲れさまでした。
最後は全員で記念撮影。
どんどんレベルが上がってくる女性ピッツァ職人だけの大会「ポンティコルヴォカップ」です。
女性ピッツァ職人の皆さん、どんどんこういう大会に挑戦して仲間や技術を増やして、更にナポリを目指してくださいね。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.