画像: 新たな取り組み☆

新たな取り組み☆

このところ、蔵元よりお送りいただいたお酒を少しご紹介しますね。石川県白山市 車多酒造の五凛 純米酒、今年の2月からラベルを一新。昨年で五凛が生まれて10周年だったのですね。時が経つのは早いです...2020年の東京五輪に向けて、また今後数十年使えるような普遍的なものを目指して作成したとのこと。和の雰囲気が醸し出された、素敵なデザインですね! 飲み手、飲食店、酒販店、杜氏、蔵元がリンクした関係を表した五角形のマーク、そして柔らかい味わいを、五凛の字体で表現されています。酒質は以前と変わっておらず、山田錦を使用していますが、今後は地元で生産した米で五凛を醸していく予定だそうですよ。 そして、山梨県北杜市 山梨銘醸のスパークリングと純米大吟醸。純米大吟醸大中屋は、七賢の中でも最上クラスのお酒ですが、昨年12月から今年2月まで、ANA国際線ファーストクラス 欧米路線で採用されたとのこと。ラベルにもANAのロゴが入ってますね。精米歩合37%の山田錦を使用しています。 水明は、リーッカールトン京都が開業5周年を迎えるにあたり、田植え、稲刈り、仕込み体験を共同で行った記念酒とのこと。ホテルスタッフの皆さんが白州町の田んぼで酒造好適米の夢山 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.