画像: 速報!2019年ナポリピッツァ職人日本一「クラシカ部門」決定!

速報!2019年ナポリピッツァ職人日本一「クラシカ部門」決定!

本日のピックアップフォトは3月6日に幕張メッセのFOODEX2019内のナポリピッツァステージで開催された第6回ナポリピッツァ職人世界選手権(カプート杯)日本大会決勝戦クラシカ部門が終わって表彰式後に撮影した集合写真です。
クラシカ日本一は茨城県の「イル ネッソ ピッツァ ナポレターナ 」の安藤有希氏が同点決勝の末優勝。
二位は石神井公園「ジターリア·ダ·フィリッポ」の廣瀬公彦氏。
三位は元ピッツェリアGGで、現在は京都に「アンティカ·ピッツェリア·ラジネッロ」の開業準備中の大削恭介氏が選ばれました。
詳細はこの後の本文でどうぞ!
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
今年もFOODEX2019の会場で日本一のピッツァ職人を決める大会が行われています。
ナポリピッツァステージで7日も8日も開催しているので是非遊びに来てくださいね。
今年もステファノフェッラーラ社の薪窯に煙突は日本の匠宮村浩樹氏が協力しています。
カプートカップとはナポリの製粉メーカー「CAPUTO社(カプート社)」がスポンサーとなってナポリで毎年開催されるピッツァ職人世界選手権で、日本では昨年開催された西日本と東日本の予選会を勝ち抜いた上位20名がこの会場で競い合ってクラシカ部門とSTG部門の優勝者が日本代表としてナポリの本戦に臨みます。
20名の選手達も始まる前は緊張してますね。
日本ナポリピッツァ職人協会の大西誠会長の号令で大会がスタートしました。
会場には多くのお客様が来ていて熱い戦いを見守ります。
僕は今年も審査員席の隣のMC席で解説として、見学している一般の皆様に「今、何をしているのか、この選手のお店はどんなお店なのか?、このピッツァのポイントはどこか?」など見ていて楽しめるように分かりやすい解説を心がけてお話をさせてもらいました。
選手が作る様子はカメラで撮影されて大きなモニターにも映るので、会場の皆さんは窯の中の様子や選手の手元まで見ることが出来ます。しかも審査には半分しか使わないので、残りの半分は客席に座っている皆さんに配られるから気になるお店や食材のピッツァの時は前の方に移動して試食させてもらうのも楽しいですよ。決勝戦に勝ち残ったピッツァ職人さんが普段店でも使えないような高級食材を使った本気のピッツァが食べられるチャンスなんてなかなかありません。
ピッツァを作った後は審査員の前で説明をして、審査員からの質問に答えます。
今年はナポリから来日していたDavide Civitiello氏やSergio Miccù会長、Adolfo Marletta副会長に、日本からはサルヴァトーレクオモ氏と青木嘉則氏が審査を行い、質問だけでなくとても勉強になるようなアドバイスを色々としていて、皆さんのナポリピッツァに対する「愛」を感じました。
大会の写真も掲載したいのですが、自分が司会者席で撮影していないので結果のみお知らせします。
ナポリピッツァ職人世界選手権「カプートカップ」日本大会決勝戦クラシカ部門の日本一は茨城県の「イル ネッソ ピッツァ ナポレターナ 」の安藤有希氏が同点決勝の末優勝!
二位は石神井公園「ジターリア·ダ·フィリッポ」の廣瀬公彦氏。
三位は元ピッツェリアGGで、現在は京都に「アンティカ·ピッツェリア·ラジネッロ」の開業準備中の大削恭介氏が選ばれました。
今回も司会者席から解説をしていましたが、どれもレベルの高い旨そうなピッツァばかりで、優勝も同点一位が二人出てしまい、運営側が慌てて、同じ生地でマリナーラを作ってもらい優勝者を決める「同点決勝戦」が行われるといったハプニングがありました。
昼休憩の間には世界チャンピオンのDavide氏がデモンストレーションでピッツァを焼いてくれました。
こういうのが食べられるのもイベントならではの魅力です。
ナポリピッツァステージの回りには今回の大会にも協賛している会社のブースもあるので色々な情報を集められます。ナポリピッツァ用の電気窯ではトップブランドのツジキカイブースでは、ソロピッツァナポレターナやチェザリのトミーこと木下智子さんが、電気窯e-Napoliを使ったナポリ菓子のデモンストレーションをやってますよ!あまりの美味しさと食感に驚いたら冷凍だと聞いて2度ビックリ!
もちろんナポリピッツァの実演もやっているので、フルに楽しめますよ♪。
こちらは電気窯でマリアが焼いた見事なサルシッチャとフリアリエッリのピッツァ。
山根社長ご夫妻とデモンストレーターデビューしたトミーの記念写真です。
また、8日に開催される女性ピッツァ職人だけの大会「ポンティコルヴォカップ」のスポンサーをするSAYUのブースもカッコ良かった。今年のイメージは「和」ですね。
トリュフなどのイタリア食材を和食に使う料理人の方も増えてきているので実に面白い展示になっています。
SAYUの佐藤社長や世界一のピッツァ職人チェザリの牧島昭成さん、三軒茶屋ラルテの井上勇さんなどと記念撮影。
今回はローマで160年以上の歴史を誇るボンドルフィ(bondolfi )からCEOのTOMMASO氏とEDOARDO氏が来日していて、コーヒー好きの僕には興味深いお話を色々聞かせてもらいました。
エスプレッソ用のブレンドだけかと思っていたんですが、スペシャルティコーヒーも色々と試飲させてもらいbondolfiの豆の美味しさをたっぷりと楽しませてもらいました。
いよいよ7日はカプートカップのSTG部門の決勝戦です。
マルゲリータとマリナーラだけで競うカプートカップのメインイベントとも呼べるコンテストですから、日本一のピッツァ職人が決まる瞬間を是非見に来てくださいね、
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.