画像: teppan仁六(目黒)今話題の#岡山県#日生#カキオコあれが東京で食べ...

teppan仁六(目黒)今話題の#岡山県#日生#カキオコあれが東京で食べ...

View this post on Instagram
teppan仁六(目黒) 今話題の\n#岡山県 #日生 \n#カキオコ \nあれが東京で食べたい\n てことで、よく行く、\n#広島風お好み焼き #目黒 #権之助坂 #仁六\nに電話し、\nわがままな相談。\nあれを食べてみたいので、出来ないかと。\n 料理人のハリーさん(広島出身)が、ネットで調べたり地元の人に聞いて、何日も試行錯誤してくれた。 その答えを確かめに、お店へ。 到着すると、開口一番、\n「結果、あれは東京では難しい」と。 牡蠣から水が出てしまって。 あれは、安価で新鮮な牡蠣が大量に入手できる、牡蠣の漁師町で、地元だからできること。\n東京で作っても、美味しくならない。 なのだそうだ。 なるほど。 それがご当地ならではの、 本当のご当地グルメなのだな、と。 漁師めしは、漁師が、船の上で食べるからこそ美味い。 それと同じか。 そして、広島出身で、広島愛にあふれるハリーさん 「そして、あれは、岡山のものですからねw」と。\n\nそうか。 それはそうだ。 てことで、この店の定番の広島風お好み焼き。 麺をそば、うどん、選べる。 1つずつ食べる。\nそして、広島風お好みの正しい食べ方。 鉄板から、ジカに行く。 小さなヘラで、一口で食べられるサイズに小さく切り、 ミルフィーユの層を楽しむ。\nこうしないと、広島風の、大阪とは違うあの感じ、あの美味しさは味わえない。\n 慣れない素人は箸で、麺、生地、豚などバラバラつまんでしまうが、これだと、単なる肉野菜炒め生地入り的焼き物を食べてることになってしまう。 ヘラごと。\n熱いので、ふーふーしながら。
すずきBさん(@suzukibbb)がシェアした投稿 - 2019年Feb月27日pm2時46分PST

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.