画像: フードアクションニッポンアワード100選♪

フードアクションニッポンアワード100選♪

赤坂バル横丁内にある、『editor's favるるぶキッチン」へ。旅行情報誌、るるぶの編集者が全国各地を旅して見つけた“おいしい”が集まるお店で、グランドメニューの他、4週間ごとに地域やテーマを変えた特集企画メニューを楽しむことができます。メニューも雑誌風で楽しいですね。 今回は、農林水産省が主催している「フードアクションニッポンアワード」で100選に選ばれた調味料を使ったお料理の試食会があり伺いました。HPはこちら農水省の広報誌にも、10選が掲載されています。この日は、全部で7種類いただきましたよ。まずは、宮崎県の熊野農園さん、「へべす果汁」。貴重なへべすをぎゅっと搾った果汁、無添加なのが嬉しいですね。実はこのへべす果汁、自宅にもあって、普段はアボカドや冷ややっこ、サラダにかけたりしているのですが、この日はハイボールに入れてみましたよ通常お店ではレモンを搾るそうですが、へべすならではの青々しいフレッシュな香りが広がって、爽やかにいただけました。多めに入れても、ハイボールの風味も損ないませんし、これから暖かくなってきたらへべすハイボールで爽やかに!おすすめです 次は、東京都 ジャパンフレバリング株式会社の「塩山椒」。赤穂の塩に、山椒と乾燥オレンジ果皮が粉末で入っています。八丈島のムロアジメンチに合わせてみました。塩の粒も細かく、優しくまろやかな塩味のあとから、山椒とオレンジの香りが立ってきて、メンチの旨味が引き立ちとっても美味しいこれは、お刺身などの淡白な料理から揚げ物まで、幅広く使えそうです! 次は、福島県 高砂屋商店さんの「まるごと国産 生七味」。ろくべえ、という長崎県対馬市のサツマイモのでんぷんを使った麺と合わせてみました。生七味には、唐辛子以外にえごま、山椒、しその実、あおさ海苔、ゆず陳皮などが入っていて、様々な香りや痺れ、またコクも感じる複雑な味わい。ろくべえに合わせると、しいたけの効いた出汁に奥行きがでて、これまた合う!お好みで量を調整して、色々なお料理にアクセントとして合わせたいですね。 次は、秋田県 ローカルスプーン合同会社の「No.300 Mustard」。国産のマスタードがあるとは、知りませんでした北海道、十勝産の希少なマスタードに、秋田男鹿半島の塩、あきたこまちの酢、横手市のりんごで作ったシードルで漬け込んだとのこと。TOKYO Xのポークソテーに乗せていただきました。通常マスタードにはとろみがあるイメージですが、このマスタードはサラっとしていてマスタードの粒そのものの風味がしっかり味わえます。たっぷり ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.