画像: いざ!熊本県 「平成醤油」の工場見学へ 〜食べあるキング食材探求プロジェクト

いざ!熊本県 「平成醤油」の工場見学へ 〜食べあるキング食材探求プロジェクト

食べあるキングの食材探求プロジェクトで熊本県へ。今回は創業150年の老舗醤油メーカー「フンドーダイ五葉」さんご協力のもと「平成醤油」の工場見学です!https://fdgoyo.jp/wp/company/食べあるキングメンバーから 5人で。フォーリンデブはっしーさん、はあちゅうちゃん、本谷亜紀ちゃん、一条もんこちゃん 各人の熊本へのイメージはそれぞれですが、ことお醤油のイメージは「甘め」と共通。先に申し上げると、平成醤油は甘過ぎない。コクがあり後味スッキリ、程よい甘さのお醤油です国産原料のこだわりもすごい。●九州産の小麦と大豆●香川の和三盆糖●熊本の赤酒独特の甘い味わいを、甘味料 無添加で実現する事に徹底されています。。。。 山村 脩(やまむら おさむ)代表取締役社長から お話を伺ったところ、2019年は創業150年を迎え、平成という1つの時代の最後の年。貴重な年だからこそ「極上の甘口醤油」を作ろうと決意。まさに「平成時代の味を後世に繋ぎつつ、新時代の甘口となるようなお醤油」を目指されたそうです。。。。「平成醤油」720mlサイズはボトルも素敵。。。工場見学の前に まずはおいしさ体感♪ お醤油を使った唐揚げと肉じゃが、卵かけご飯を頂きました馴染みの「おかず」こそお醤油の差がわかります個人的には「平成醤油 唐揚げ」が特においしかったです。しかも平成醤油と少量のにんにくだけでおいしくできる! 甘辛さがちょうど良く、手早く料理に使えるのも魅力です平成醤油をご飯にちょっとだけ かけて食べてもおいしかったです。普通の醤油を直接かけたら辛すぎます。でも平成醤油なら程よい甘辛さ〜。。。工場見学では、品質保証室長 坂本幸二 さんにお話を伺いながら案内いただきました。工場 広い!熊本県には45社の醤油メーカーがあるそうですが、自社で原料から発酵させて造っているのは僅か3社。そのうちの1社がフンドーダイさんです。全行程を自社でする事で、商品ラインナップが幅広く揃えられるそうもろみの絞りかすは、乾燥粉末状にし、牛の飼料として余す事なく活用されています。そんなご姿勢も素晴ら ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.