画像: 岐阜県酒蔵取材1日目☆

岐阜県酒蔵取材1日目☆

岐阜酒蔵取材、1日目は4蔵訪問しましたよ。まずは、白川郷の三輪酒造。三輪研二社長がご案内くださいました。にごり酒どぶろくを昭和51年から造っていて、現在全生産量1900石ほどのうち9割がにごり酒とのこと。観光地でもある白川村から依頼を受けたのがきっかけで、白川郷で昔から造られていたどぶろく、にごり酒をメインに造られています。1.5ミリの網目で濾しているので、酒粕は1%も出ないそうですよ。口当たりなめらかながら、米の甘みも感じられつつすっきりキレもよい味わいで、つい飲み過ぎてしまいます...次に伺ったのは、竹雀の大塚酒造。大塚ご夫妻がご案内くださいました。(奥様は三重出身ですが、高校時代剣道の試合を通じて出会ったとのと!素敵なお話...)家族4人で酒造りをされていて、生産量は150石ほど。蔵元杜氏でもある大塚清一郎さんは、東京農大卒業後、味に惚れた三重の酒屋八兵衛を造る元坂酒造の社長に直談判、そこで数年山廃造りなどを学び蔵に戻ります。酸をしっかり出し米の味が活きる味わいを表現しています。お燗酒専門店では常連の銘柄ですね。3年前からは酵母無添加のきもと造りにもチャレンジされています。続いては、房島屋の所酒造。所優社長 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.