画像: ★色彩を楽しむマリアージュ★

★色彩を楽しむマリアージュ★

こんにちは。 レコール・デュ・ヴァンの講師が毎月リレー形式でワインとマリアージュの愉しみをお伝えしている『GINZA SIX セレクトワイン Salon』 こちらの新春の会を担当させていただきました。テーマは「色彩で楽しむ料理とワインのマリアージュ」普段、白ワインと赤ワインを飲む機会が多くなりがちですが、ワインの色彩は実に多種多様。ロゼはもちろん、オレンジ、黄、そしてグリーンまで......さまざまなタイプのワインがあるのです。 今回は、グリーン、ロゼ、オレンジ、黄、といった様々な色彩のワインをご用意し色調を意識したお料理とのマリアージュをご提案させていただきました。開催場所はGNZA SIX最上階の『THE GRAND GINZA』さん。ソムリエ高橋さん、ワインの状態&温度チェックもバッチリです。まずは、ウェルカムスパークリングのルミエール スパークリング デラウェアで乾杯!1885年創業の歴史あるワイナリー、ルミエールさん。実は、いま注目されているオレンジワインのアプローチをずいぶん昔から甲州で実践されていた造り手でもあります。 今回ご用意したのは、山梨産のデラウェアとセミヨンを瓶内発酵させてつくられた、口当たりよいスパークリング。余韻にのこるほろ苦さが食欲を湧かせてくれました。 さて、ここからが本題。まずはワインの色調の個性はどこから生まれるのか......について、品種、テロワール、醸造方法、熟成期間、といった点からレクチャーさせていただきます。そして登場したのが、グリーンワインことヴィーニョ・ヴェルデ。ボルトガルを代表する清々しいワインです。成熟する前にブドウを早期収穫するため、非常に酸が豊か。大型ステンレスタンクで発酵させるためタルの影響を受けておらず、長期熟成も行わないため、瑞々しく実にフレッシュ。発酵時に生成される微発泡が心地よく喉を刺激します。 こちらはグリーンのお野菜がたっぷりのった鮮魚のマリネ(左)を合わせて。ワインの持つ爽快な柑橘のニュアンスが鮮魚をより爽やかに仕立ててくれます。そしてお次はバレンタインにもぴったりの美しいロゼ色のワインを。 ボルトガルからドイツに渡り......ドイツの最南端はファルツのシュペートブルグンダーの名手、フリードリッヒ・ベッカーのロゼをご提供。こちら、シュペートブルグンダーやポルトギーザーといったドイツの主要品種を使用し、赤ワインの副産物ではなく、ロゼの為だけにセニエ法で造っているのだとか。 赤系果実の華やかな風味にエレガント且つ芯のあるミネラル感が重なり、余韻もキレイに伸びていきます。赤ワインの名手ならではのクオリティーの高いロゼをみなで堪能しました。 合わせたお料理は......色調を意識した生ハムとパテ・ド・カンパーニュ。 パテ・ド・カンパーニュはフランスの郷土料理のひとつなのですが、実はベッカーの畑はドイツだけでなくフランスにもまたがって存在しているのです。 フランスのテロワールをも感じさせて ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.