画像: 八戸へ向かう新幹線で駅弁食べてショックだった話

八戸へ向かう新幹線で駅弁食べてショックだった話

1月17日、阪神大震災から24年。
地球が生きていることを忘れないようにしなくては。
八戸へ向かっております。青森寒いかな〜。
海苔屋さんの駅弁だというので買ってみた。このインスタ映えの世の中で逆に潔いシャケとちくわの磯辺揚げと海苔と思って買ってみた。
ごはん食べてショック〜
ツヤも味もない、固くてボソボソ。うそだろ。裏切られた気分だ。
これが498円のスーパーの弁当なら文句は言わないが、1080円した。
百歩譲って唐揚げやお肉がメインの弁当、または牛丼なら我慢できるかもしれないが、
おまえ、海苔屋だろう。
海苔が泣くぜ!(ぜとか言うてみた)
みなさん、お米には、 #業務用米 と#家庭用米 があるのをご存知でしょうか。
#コシヒカリ #新之助 #ゆめぴりか などいわゆる名前のある米以外に、飲食店やスーパーのおにぎり屋加工工場で使うお米は味より安さ重視の米です。
時々あれ?というごはんやおにぎりに出会うことありますよねー。
外食、中食、大流行りはいいけど、私たち日本人は食を外部依存しすぎた結果、知らない間にまずい飯を食べさせられているのである。悔しい。わたしは怒る!ぷんぷん!よくそれで海苔屋やってるなっ!まじ海苔が泣くぜ!
巷では企業にも #SDGs が求められると言うけれど、この弁当は一体誰を喜ばせたくて何に貢献したくて地球に誕生したのか。
ふぅ〜怒りを鎮めて〜
八戸行ってきまーす!
ベジアナ 駅弁大好きアナあゆ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.