画像: 帝国ホテル レセゾンにて、日本酒ペアリング会主催☆

帝国ホテル レセゾンにて、日本酒ペアリング会主催☆

日本橋三越カルチャーサロン 日本酒講師として、先日外出講座を開催。今回は、帝国ホテル内にあるフレンチレストラン、レセゾンで日本酒とのペアリングランチを企画しました。 帝国ホテルでは、これまで鉄板焼き店 嘉門で獺祭の会が開催されたのみで、フレンチでの日本酒会は初めての試みとのこと。歴史あるホテルのフレンチレストランで日本酒の企画という、貴重な機会をいただけたご縁に感謝とともに、名を汚さないようにととても身が引き締まる想いでした。 帝国ホテルの広報の方やシェフソムリエ、シェフとの打ち合わせも兼ねてランチに伺った際も、最高のサービスと共にゆったりと時間が流れていて、東京の中心地にいることを忘れてしまいそうなほど! この雰囲気、お料理にふさわしい日本酒で、参加者の皆様をどうご満足いただこうか、その日から色々な想いが駆け巡りました。 ティエリーボアザンシェフは、フランスのレクイエールで、シェフとして10年間三ツ星を守り続けたあと、来日して13年間、レセゾンのシェフとして活躍されています。13年前、奥様、お子さんも連れて日本に移住されたということで、いかに当時から覚悟を持って来日したかが分かりますね。 先日、NHK BS1でボアザンシェフの1時間近くの特集番組がありましたが「人生は旅だ、料理も旅だ」というタイトル通り、時間を見つけては全国各地渡り歩いて、日本の素晴らしい食材を探してこられました。今回のお料理にも、ゆず、すだち、紫蘇、四万十海苔、天草大王など、日本の食材が随所にちりばめられていましたよ。 再度打ち合わせ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.