画像: 「日本橋高島屋 パリ仕込みのクリスマスディナー フォション ル・カフェ試食会」

「日本橋高島屋 パリ仕込みのクリスマスディナー フォション ル・カフェ試食会」

そろそろクリスマスの足音が聞こえてくる季節。
なんでも今年は三連休なんですってねー(昨日知った)。
しかし東京人口多すぎ問題。なかなか予約も取りづらく・・・。
日本橋高島屋さんからご招待いただきまして、一足早くクリスマスディナーを体験してまいりました。
今年の9月にオープンしたばかりのフォションのカフェ。
「フォション ル・カフェ」です。
すこし文字が多いですけれど、最初に大事なことをお伝えしちゃいます。
この新しいショップで展開される今年のクリスマスディナー。
税込5,000円でランチでもディナーでも提供されます。
この破格なお値段からするとかなり高コスパ!なボリューミー和牛ローストビーフが含まれています。
12月3日(月)~12月25日(火)までの提供。
予約をしなくてもその場でオーダー可能なのはハードルも低くて良いですが、
なんと予約をするとワインが一杯サービスになるとのこと。
ドリンクも含まれてこの内容で税込み価格。強くオススメできる内容でした。
コースはフレンチの定番、4皿で構成される4コース。
前菜、スープ、メイン。そしてデザート。
なんとなく物足りない皿数と思われがちなのですが、
驚くほど満足度が高かったです。
前菜はアトランティックスモークサーモン。
塩気も柔らかく癖が強すぎない上品な味。
サラダ感覚な前菜に付くのはフォションのブリオッシュ。
このブリオッシュが美味しくてね~~~~♪♪
オマールを使ったビスクスープ。
これ濃厚なのでおなかにたまります。
魚介の一皿と考えてもいいと思います。
バゲットも一緒に提供されて、食べすぎるコース・・・。
ざっくざくで最高のバゲットですね。
バゲットってまさにパリ発祥のパンで、しかもパリで1800年代最も有名な紅茶とパンのお店
だったというフォションで食べられるのは幸せなこと。
スープしっかり浸して食べるよ。
この日は試食会だったので撮影用のローストビーフ塊が登場~
山形産和牛。
ベストな火入れ。いいね×100。
みんなが口をそろえた「このボリュームですか!」と。
女性が多い試食会。男性でも食べ切れるかな?ってくらいの大きなビーフ3枚。
分厚くカットされて、ローストビーフというよりステーキな120グラム。
加えてチーズたっぷりのポテトグラタン付。
マデラ酒のコクあるソース。
ぶ・あ・つ・い!
最後はデザート。
クリスマスっぽいアニスやシナモンが効いた洋梨コンポートにアイスとチョコレートソース。
スパイシーな香りのデザートに合わせる紅茶は「フォションのアップルティー」でした。
雪が降ったみたいなデザートプレート。
紅茶とパンという代表的なものがありながらも、フォションて実はお料理もすごかったのかというのが今回の感想。
意外と穴場なのでクリスマスディナーの予約が取りやすそうです。
夜使いはもちろん、ランチ予約でワイン一杯サービスしてもらって友達とクリスマスを楽しむのも良さそうです。
創業者オーギュスト・フォションにより1886年に創業、なんと移動販売から!
その後すぐにパン部門もスタートし、130余年の歴史。
ブランドカラーがいつからか新しくなりましたよね!
黒とピンクは男性と女性、ゴールドとホワイトはパンとケーキのための色なのだそう。
とフォションのお勉強もさせていただきました。
さて、その他のメニューもいくつか試食させていただきました。
アルコールはミモザ、
チュロスとクロケット。
フランス人は「アペロ」と言って食事前、レストランに行く前に軽く飲むスタイルがすきなのですが、
そんな感じのシーンにぴったり。
「アペロ」は何年前かに流行らせようという機運があったけど、日本ではあまり流行らなかった。
「ゼロ次会」っていう言い方のが流行ったな(笑)
ポテトのチュロス レモン風味のクリームにディップして食べます。
チキンとトリュフのクロケット。
ベシャメルベースで洋食屋さんのクリームコロッケ風。
ころころ角切りのチキンが入っていました。
スペシャリテなんですよね。他のお店にはない良メニューだな。
しかしミモザ一杯2,000円とあんまり可愛くないので、
このコース頼んだ方が絶対にお得!
センスもいいしおいしいし、ほんとにいいですよこのコース。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.