画像: 「恵比寿 マサズキッチン 上海蟹とふかひれと松茸が入るコース」

「恵比寿 マサズキッチン 上海蟹とふかひれと松茸が入るコース」

急遽、遠方からのお客さんとお会いすることになり場所的には恵比寿、ではマサズキッチンへ、ということで当日予約。
やはりギリギリで、2時間の席なら大丈夫ですよと受けていただく。
本当に久しぶりすぎて自分でもびっくりするほど。
店名からは「47」が外れていました。外看板にはまだ残っていました。
オープン時間に飛び込んだ私たち。一気にお客さんで埋まって満席。
ボリュームのあるコースを選びましたがちゃんと2時間で終わりました。すばらしい。
スタートのXO醤見て一気に昔の記憶よみがえった...。なつかしい。
前菜はこんな感じ。
牛のすね肉の煮凝り 椒麻(ジャオマー)ソース
さんまの南蛮漬け
自家製チャーシュー
かぼちゃの冷製スープ
かぶの四川風
ささみのコーンフレーク揚げカレー風味
ピータン豆腐 練りごまソース
ピータン苦手って人にここのピータン豆腐食べてほしいなぁ。
上海蟹の紹興酒漬けはとろとろ。
紹興酒漬けを初めて食べたのが20代の終わりくらいの横浜中華街だったのだけど、
その時は紹興酒強すぎて、あぁこれはもう2度と食べないかも...、って思ったくらいだったのに、
マサズキッチンのは丼一杯食べられる。お酒の風味が強すぎず甘さがあって、蟹も全く臭みなく、
コクのあるメスの卵が最高です。
松茸の春巻。
写真撮るからってわざわざお箸持って立てにきてくれた!
蒸しスープ。
器ごと蒸してるから最後の最後まで冷めない。
というか熱すぎる。
...から、具はお皿に取り出して食べるのね。
上海蟹の姿蒸し。
そこにもう姿はなく、きれいにほぐされて出てくる。
上海蟹食べるの大変だから、これがうれしいの。
フカヒレは、ステーキと煮込みを選べます。
ステーキもとてもおいしいのですよー
汁なし担々麺
麺類はランチでも食べられます。
セットがいい感じでお昼も満足度高いです。夜よりもずっとリーズナブル。
アセロラのアイスと、
コーヒーのブランマンジェと、
杏仁豆腐。
思い出あるなぁ杏仁豆腐。
なんだか食べながら、ずっと感慨にふけっていました。
いやぁおいしかった。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.