画像: カレーですよアンバサダー就任(イベント 第7回日本の銘チーズ百選)Japan Cheese Award 2018 決定。

カレーですよアンバサダー就任(イベント 第7回日本の銘チーズ百選)Japan Cheese Award 2018 決定。

先日。10月21日。
大崎にある大崎ブライトコアホールでイベントが開催されました。チーズプロフェッショナル協会が主催する、
「第7回日本の銘チーズ百選」
このイベントに食べあるキングのメンバーと共に参加しました。
実は今回、食べあるキングがチームとしてチーズプロフェッショナル協会認定の「チーズアンバサダー2018」に就任したんです。なりました。なのでボクもチーズアンバサダーになった、というわけなのです。もともとチーズ、好きですし、最近は国内の一次産業の現場を見せてもらってすごく興味があるのです。ワインも嗜みますから言うことなしのありがたい冠。チーズはさ、カレーとの相性だって良いでしょ。。国産ナチュラルチーズ、応援してまいります。
実に熱いイベントでありまして。
11時半に会場入りして夕方までいたのですが、その時間があっという間だった。お客さんも工房のみなさんもとにかくすごい熱気です。展示と試食がメインで、なかなか足を延ばすことのできない全国各地からチーズ工房が80店も集まっているということ。
ついついカレーで比較してしまう悪い癖がありますが(笑)これはつまり選り抜きの日本全国からうまいカレー店が80店舗イベントで集まって、会場で試食が全店舗でできるとすれば、、、そりゃ絶対行くでしょ!!その上1店舗当たり1つのチーズではないわけで、集まりも集まったりの263種類!!そういうことなのです。なので熱気がとんでもない。すごい数の来場者です。
とはいえそれに押されてる場合じゃありません。試食、行きましょう!
大阪 イルフィオレット
「君ゆき」は強すぎず素直な味で、どんどんたべたくなります。「名もなきチーズ」はカマンベールでヤギのミックスで個性が出てました。面白い、好みだなあ。「熟成ホエーのリコッタチーズ」はふわりとして甘みほんのり、デザートのトッピングにも相性が良さそう。それぞれ個性的です。イケメンのにいさんが新せちに色々教えてくれて、ファンも多いみたいです。
長野 アトリエドフロマージュ
「山のチーズ」は後味ほんのりで押し出し強くないのが逆にクセになります。美味しい。「翡翠」これはちょっと忘れがたいな。ブルーチーズなんだけど、国産でやると、翡翠さんがやると、カビの味がトゲトゲしないんです。まろみがあるんですよ。受け止めるチーズもまろやかで海外製のブルーチーズ体験とは明らかに違うのがすごく面白い。
思わず必ず買いに行きますから!とお伝えすると「12月くらいに状態の良いものが上がるのでご連絡くだされば」とのこと。うわー絶対行くぞ。
「ココン」はヤギかと思うほどの個性的な味なんですが、実は牛。ありゃ面白い。どうしてこうなるんだろ。
この工房は食べあるキングの女子メンバーが激推し。南青山にもお店がありますが、長野の工房に行ってみたい。レストランが併設されているそうで、カレーもあるとか!!よし、必ず訪ねてみよう。
長野 開田高原アイスクリーム工房
「フロマージュ・ド・[K]」が良かった。印象的。
白カビ系ですが力強さとクセを個性につなげるバランス感覚に感心しました。白カビの香りがほんのり上品でよかった。バゲットに乗せての提供でしたがパンに負けてなかったです。
「開田高原クリームチーズ」はこれもまた試食で強めのライ麦パンとあわせているんですがやんわり味なのに負けない風味でこちらもいい。
熊本 山の未来社
「牛のたまご」これが好みだった。モッツァレラですがクルミでスモークしてあってブラックペッパーを振ったおつまみ系。いじってる系では一番好き。これは好みだなあ。問答無用で好き。「飯田丸」はブルーだがカビよりチーズの強さが立つのが面白い。ちびちびではなくガバッといける楽しさがあるんですよ。こういうカビ系もあるんだねえ。
栃木那須 あまたにチーズ工房
ここのバラのモッツァレラが素晴らしかったです。綺麗で可愛くて「これはたまたまね」とおっしゃっていましたがオリーブオイルにつけて運んできたらほんのりオレンジ寄りのピンク色に染まっていました。これは何かお料理と組み合わせたいなあ。もしくはこれを中心に据えた一皿か。
「那須ブルー」もよかったです。ブルーチーズらしさが強くあるのですが、外国産ほど尖っていなくて食べやすい。これ、好き。あと「モッツァレラたまり漬け」はもうこんなの好きに決まってます。うますぎる。無限にお酒飲めますね。
北海道札幌 ファットリアビオ北海道
「リコッタフレスカ」はもうね、牛乳そのものの香り、味です。甘く芳香高い素晴らしいもの。これはなんだろう、初めてだなあ。これは素晴らしいなあ。「ブッラータ」ブッラータを試食でたべられただけでも感激。カット→とろ~ではなくじゃばーという感じのミルク感が素晴らしいです。
富山黒部 ヤギチーズ専門 Y&Co
すごかったです。ここのはすごかった。もうこれはヤギ食べてるみたい。すごいんですよ。牧場のヤギの香りそのままで、あまつさえヤギが食べている草の香りまでするんです。これは本当に驚いた。ヤギに噛み付いている気分です。いや、肉じゃなくて生きてるかわいくてあったかいヤギに。今回のトップオブ印象的で、なのに、ギリギリでけものくささのようなものを押さえ込んであって、このバランス、この個性。本当に面白い。これはハマる人はもう帰ってこれないだろうな。国産ナチュラルチーズ、奥深すぎる。
千葉 チーズ工房【千】
ディスプレイが和風に決めていて素敵です。「酒粕のバーニャカウダ漬け」なんていう面白いものがありました。
北海道 ニセコチーズ工房
ここのスイーツ系チーズがたまらなかったです。「デザートチーズ二世古 雪花【sekka】柚子」これホールで行きたいあまずっぱじょっぱいヤバいやつ。どんどん食べられる。おいしい。
とにかく試食はもうなんだかすごい。だって全部で263種類!!コンプリートなんて到底無理、、と思っていると、なんだかそれを達成しそうなくらいお皿にもりもりとチーズを乗せている猛者が多数。うーん、もうみなさん目の色が違う、情熱が違う。
全体として、日本のチーズ、味が繊細だったり当たりが柔らかだったりするものが多い印象でした。そんな全体イメージの中で個性的なものが多く、国産ナチュラルチーズならではの世界観というのは確かにあるのだな、と強く感じました。
そしてアワードの授賞式、すごく細分化された賞の多さが国産ナチュラルチーズの多様性を物語ります。発表ごとに工房の職人さんやお客さんから拍手や歓声やため息が聞こえます。うん、シーンは確実に盛り上がっています。
そんな中で、北海道の、
「チーズ工房タカラ」
さんが優勝。
チーズ工房タカラの「加熱圧搾 熟成6カ月以上」ジャンルの中から総合優勝したチーズが、
「タカラのタカラ」
グランプリを取りました。本当におめでとうございます。
そうか、グランプリはこういうやつか。当たり前ですが、みんなが美味しい、多くの人が美味しいチーズがトップになって、なるほどこれだけ個性的な面白いものの中で、王道の味というのはあるのだな、揺るがないのだなと思い知りました。
会場や告知の関係で今回参加のこのイベント、満員ぎゅうぎゅうでしたが、この楽しいイベントがもっと多くの人に認知されて(いや、何しろ楽しいしお得だし何より美味しいし)もっと幅の広いお客さんがくるようになるといいな、と感じましたよ。
このイベント自体は第7回そしてアワードは今回で3回目。まだまだ伸び代は無限大で、それもこれもこの美味しさを知ってもらうことからだと思います。
チーズプロフェッショナル協会は、ただ美味しいものを紹介する団体ではなく、工房の悩みや日本産チーズの抱える課題なども議論し、普及につなげる良い流れを作っていこうという取り組みが見えまた。
日本ワインもそうなのですが、日本ワインというものが現代においてはきちんと技術革新が成され、品質が向上して見直され、だからこそ売上が上がったりブームになったりと、コツコツいいものを押して行けば結果が出ているのが今の日本の食なのかな、と感じています。
そして思ったのはやはりカレーのこと。
カレーにチーズ(プロセスチーズがほとんどですが)を乗せるというやり方は最終兵器というか、美味しくなるに決まっているという共通認識がカレーを食べる人たちの間にあります。事実アンケートなど取るとトッピングベスト3の中でほぼチーズが1位を取ることが多い。
そういう中で、国産チーズの美味しいもの、個性的なものをたくさん試食して、感じました。こういう良質で個性あるものとカレー、煮込み料理的なものや、インド亜大陸寄りのカレーまで、マッチングを見ながら新しいカレー+チーズの料理などを考えてゆくなどいう未来もあると思います。カレーがブームになるとともに転換期を迎えている今、別の料理や和の素材を使って今までの壁を超えてゆくシェフたちが多く出てきています。そこに国産ナチュラルチーズを融合させてやる、考えるだけで楽しくなります。
国産ナチュラルチーズ、必ず今以上のジャンプアップがあると期待しながら、グイグイと応援して行きたいと思っています。
【Japan Cheese Award 2018 審査結果】
https://www.japancheeseaward.com/posts/5061396
#カレーツーリズム #チーズツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ #国産ナチュラルチーズ #JapanCheeseAward2018 #チーズアンバサダー2018 #食べあるキング
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.co
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等の執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。
iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書「カレーの本」
出版社在庫無くなりました。書店、ウェブ在庫のみです。ぜひお早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.