画像: チーズプロフェッショナル協会主催!ジャパンチーズアワード2018発表と第7回日本の銘チーズ百選

チーズプロフェッショナル協会主催!ジャパンチーズアワード2018発表と第7回日本の銘チーズ百選

どうも!食べあるキングの姫です。 この度、食べあるキングは、NPO法人チーズプロフェッショナル協会(以下C.P.A.)公認「日本チーズアンバサダー2018」になりましたそこで、今まで以上に国産チーズを応援してまいります。 今日は、C.P.A.主催の「第7回日本の銘チーズ百選」と同時開催の「ジャパンチーズアワード(Japan Cheese Award)2018」の取材に行ってまいりました。 トゥ 会場の入口 会場の大崎ブライトコアホールに、多くの方々がイベントを楽しみにいらしてました。 展示物 「日本の銘チーズ百選」は、国産チーズの展示試食会で今回7回目をむかえます。今回のブース案内、日本のナチュラルチーズ生産者の数やチーズの種類について貴重な資料が展示されていました。そして、会場に入り、開演! 本間るみ子様 C.P.A.会長より、ご挨拶がありました。活動についてお話いただいた後、開会乾杯へと移りました。日本ワインを愛する会/SAKE女の会のご協力のもと、チーズに合うお酒のテイスティングをすることができました。 トークショーの様子 フリーアナウンサーで農業ジャーナリストそして食べあるキングのメンバーでもある小谷あゆみさんが総合司会をなさってました。1部では、(一社)日本のSAKEとWINEを愛する女性の会 代表理事友田晶子様食べあるキングのフォーリンデブはっしーさん、C.P.A.公認キャラクターのチーズマンによるトークショーがありました。 2部では、日本チーズ生産者の会によるプレゼンテーションがあり、工房製日本産チーズが抱える課題、法人組織を設立の背景、将来像とそれに向けてすべきことについて、貴重なお話を聞くことができました。 吉川貴盛様 当イベントの後援である農林水産省よりご来賓で農林水産大臣吉川貴盛様からご挨拶がありました。 佐藤一雄様 ご来賓で独立行政法人農畜産業振興機構理事長佐藤一雄様からご挨拶がありました。 そして、「Japan Cheese Award」の発表です! 「Japan Cheese Award」は、日本の生産者を応援するプロジェクトとして、 2014年にスタートした国産ナチュラルチーズコンテストで、2年に1度開催されます。 今年で3回目で、80工房、238種類のチーズが候補になり、19カテゴリーから、審査員の皆様によって、絞られました。 フェイバリット賞の発表 ギルド・アンテルナショナル・デ・フロマジェ協会 副会長のフランソワ・シュミットラン様による、フェイバリット賞は、栃木県 那須高原今牧場チーズ工房 「茶臼岳」(シェ―ヴル)でした。 各カテゴリーから金銀銅賞の発表があり、それぞれの部門賞が決まりました。部門賞は下記の通りでした。 ★フレッシュ・プレーン部門熊本県 らくのうマザーズ阿蘇ミルク牧場「フロマージュブラン・リス」 ★フレッシュ・バラエティ部門北海道 プレスキル・フロマージュ「PRESUQUILE fromage オイル漬け」 ★フレッシュ・リコッタ プレーン部門東京都 CHEESE STAND「出来たてリコッタ」 ★リコッタ・バエラティ部門佐賀県 ナカシマファーム「ブラウンチーズ」 ★ソフト白カビ部門長野県 アトリエ・ド・フロマージュ「ブリー」 ★ソフト・酸凝固(山羊乳)部門広島県 三良坂フロマージュ「三次の鵜飼」 ★ソフト・酸凝固(山羊乳以外)部門東京都 フロマージュ・デュ・テロワール「ドーム」 ★ソフト・ウ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.