画像: フレンチ レゼールデカー (Les Ailes des K)@茗荷谷

フレンチ レゼールデカー (Les Ailes des K)@茗荷谷

どうも!ちょいちょいフレンチも食べに行く姫です先日は、茗荷谷で気になっていたフレンチレストラン『レゼールデカー』に行ってまいりました。グラス シャンパーニュカウンター席で、まずはキレの良い泡ものから。こちらのオーナーシェフ小林氏はグランメゾンの『アピシウス』で総料理長を務めた方です。そこで共に働いていた渋谷シェフがこの日は、腕を振るってくださいました。アミューズ グールお任せコースのスタート!まずは、一口サイズのシュー生地にチーズを入れたグジェールと、もち豚を寝かせたパテそれにカンボジアの希少な生胡椒が添えられてました。最初からこの量が嬉しいですしかもパテのしっとり感と旨味がたまりません!バターナッツのスープほんのりあまいカボチャに、シェフ特製ブレンドスパイス「デュカ」が良いアクセントになってました。パンフランスから空輸した生地のバケットと自家製で白と黒の胡麻のフォカッチャです。バケットはメインのソースに合い、フォカッチャはそのままで風味がワインに寄り添いました。人参のムースとジュレこのパターンでこんなに野菜がのってるのは、珍しいです。しかも、人参は埼玉の無農薬で、トマトはクラッシック音楽をかけて育てられたものなんだとか。素材感と古典的な良さの融合を楽しめました。赤ワイン グラスドメーヌ・フォン・クローズ コート・ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.