画像: 中秋の名月と月見の和菓子

中秋の名月と月見の和菓子

あー。。。また2週間近く空いてしまいました(涙)1日が早すぎて!
名月明けの朝。よいススキが手に入らず、なんだかさみしい花生けになってしまいましたが、フジバカマと合わせて秋らしく。
今年はあと一回、10月21日の十三夜にもお月見ができますね♪
塩芳軒さんの「古都の名月」は可愛いすぎる和三盆。季節限定ではないかと思います。ちなみに綺麗に並べると一個余ります。お味見用?予備用?笑
五郎丸屋さんの薄氷はいつも季節の薄氷を楽しみにしています。「月うさぎ」は美食道ピンクも気に入りの理由です。
名月でなくとも年中ヘビロテ、常備するほど愛する月世界。月うさぎ同様富山発の和菓子で卵白を使っているのが共通点。和も洋もとにかく卵白を使っているお菓子が好きみたい。
こんな風にコーヒーと合わせても似合うのが月世界の素晴らしさ。ほおばるように食べるのが好き。私、和も洋も固いお菓子が好みです。
以上3点は前日に日本橋タカシマヤで買ったのですが、翌日(当日)は新宿タカシマヤにて亀屋清永さんの吹き寄せも。創業400年の老舗です。公式サイトを見たら、和風ビスケットを新発売なさったそうで、これは次回帰郷時に手にいれなくては!
ススキを買って帰ったらちょうどお月様がスカイツリーの真横に。雨予報だったので、嬉しかったですね。
飲んで食べてからではお菓子がお腹に入らなくなるので、ごはんの前に一保堂の玉露と一緒にいただきました。
月うさぎをメインに吹き寄せを。あー可愛い。この小ささも好みです。オット用には中村軒さんのきんつばもおまけしました。私は餡好きではないので、美味しいお茶にはお干菓子(お砂糖菓子)が欠かせません。
あんなに暑かった夏も終わり、やっと冷房ともおさらばできました。このところブログもSNSもご無沙汰でしたが、その分頑張ってタスクをどんどん消化しています。今日はなんちゃって器を金継ぎで、バッグの擦れを染料で修復。新しょうがの酵素ドリンクも仕込みました。
今日からは数日、美味しい予定で出ずっぱり予定。ですがダイエット中に付き注意が必要・・・
東の空にでていた月が、日付が変わる頃には南から西に移動していました。会社をやめてから、案の定生活が不規則になりすっかり夜型に戻ってしまいました(涙)。おやすみなさい。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.