画像: 七賢&キースへリングコラボ スパークリング日本酒☆

七賢&キースへリングコラボ スパークリング日本酒☆

先日、10月1日(日本酒の日)に発売となる、七賢スパークリング日本酒「Expression2018」記者発表会があり、司会をさせて頂きました。 会場は、リッツ・カールトン東京。山梨銘醸はリッツ・カールトンとご縁があるそうで、リッツのスタッフの方々が田植えなどにもいらっしゃるそうですよ。今回新たに発表されたお酒は、15年熟成酒を使った貴醸酒の、瓶内二次発酵スパークリング世界初の試みです。北原対馬専務が仰るに、現在、七賢の25%がスパークリング日本酒ですが、新たな層に向けてもっと日本酒を身近に感じ楽しんでいただくためにも、スパークリングに力を入れているとのこと。 ただ、貴醸酒の透明な瓶内二次発酵スパークリングを造る教科書があるわけではなく、前例がないため、製造責任者である北原亮庫さんも完成まで苦労もおありだったと。とはいえ、具体的に取り組みを初めてから一年足らずで理想の味わいまで持ってくる発想、感性、技術、素晴らしいですね...。亮庫さん曰く、きめ細やかな泡、日本酒ならではの旨味、そしてスパークリングに必要なキレをいかにバランスよく出すか、が課題だったのことですが、勢いある泡もしっかりあり、ハチミツのような上品な甘さや、もぎたてフルーツのジューシーさも感じながら、程よい酸味、そして後半のキレもよく、これはまた、新たな日本酒の世界を表現されている!と感じました。会では、Expressionに合うフィンガーフードも出されていましたが、食中酒として、色々なお料理に合わせてみたいですね。 トークショーでは、北原亮庫さんと中村キース・ヘリング美術館のヒラクさんとでお話を ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.