画像: カレーですよ4503(栃木足利 足利ハラルフード)足利のスリランカ事情はどうなってるのかな。

カレーですよ4503(栃木足利 足利ハラルフード)足利のスリランカ事情はどうなってるのかな。

どうも栃木県の足利にスリランカの人がたくさん住んでいるらしい。足利市内で区切ると中国の人より多いんだって。そういう噂を聞きました。あれ、茨城じゃなかったっけ。
カレーですよ。
茨城にはスリランカレストランがけっこう点在しており、都市部などよりもその存在が目立つ感がありました。
コジコジ、ランディワ、アンマカリヤ、バナナリーフ、まだまだあります。水海道の294がなくなったのは残念だったなあ。でもスリランカフェスティバルには294名義でお店が出てて嬉しかった。
栃木の足利かあ。なんかピンと来ませんでした。
調べたんですが、スリランカレストランもほとんどないみたい。でも現地踏破しないとわかんないよね。では、行きましょうか。
さすがに栃木はけっこうな距離だね。ぐるぐる、ウロウロと走りながらやってきたのはスリランカのマーケット兼食堂。
「足利ハラルフード」
足利のメインの地域から少し外れた、ちょうど足利駅と桐生駅のあいだくらい、真ん中あたりにあるお店です。電車で行く場所ではない、かなあ。平屋の建物の並びはコインランドリー。そんななので駐車場も少しありました。
さて、ドアを入るとまずマーケットがあります。
くるりとみわまして、あとでゆっくり見ようね、と決めてレジにたむろしているのスリランカンの男性の中から店員らしき人を見つけて(ほぼ客だか店員だかわかんない)「ごはん、食べられる?」と聞けばニヤリと頷かれました。
食堂スペースはガランとした感じでまだ新しい雰囲気があります。
ああ、そうそう。このガランとした感じ。これこれ、これだ。
日本の食堂やレストランではほとんど感じない感覚なんですが、日本以外のアジア全般の新し目の食堂にありがちな空気です。うん、あるあるこの感じ。スリランカだけじゃなく、アジア全般。そういうのがうれしい。そういうのが心地よいんです。
えー、よくある話でもう驚きもしないんですが、席に着くも、水は出るけどその後のアクションはないんです。うん、ないねえ。ただもうすわってきょろきょろ、だらだらするわけです。そう、注文らしい注文はしていないわけですよ。
けどね、なんとなくわかる。自分のメシが作られているんじゃないか的な空気が隔てられたキッチンから伝わってくるのがわかる。
果たしてメシはやってきました。なんの問題もありません。思った通りメニューなどというしちめんどうくさいものはなかったということです。メシを食いたい旨伝えればいい。あとは黙って待つだけです。
献立はその日の食材の調達具合とコックさんの気分。これはとても自然なことだよね。食材が手元にきて、コックさんがそれをみて、今日の気温や曜日の並びからわかる来店客の層や嗜好、その他のいろんな条件で作るものを決めて。それで出来たものを何というわけじゃなく全部食べさせる。食材を見てベストを尽くすということ。レストランの根源であるのじゃないかと思います。
メインのチキンカレーは辛口、さらり。辛くてチキン山盛りで、いいねえ。
シンプルで、デヒワラあたりで食べた食堂の味を思い出します。そうそう、なんだか久しぶりにデヒワラとかペターあたりに戻った気分。そんな気分になるね。
そしてスプーンを取り、食べている最中もこのメシの値段はわからない。
それでいいんです。多分1000円とかだから。多分そう。
気がつけばさっきマーケットで話し込んでいた男たち数人もテーブルにつき、各々すわりメシを喰らっています。食堂の全員が、手食。ボクだけがスプーン。こういうのはいいね。外国人は、異邦人はボクなわけなのですから。
ホールの空気はすーっと温度の低い感じ。きっとコミュニケーションをこちらから取ればホールの温度は上がるはず。
でもね、きょうはこちらからは動かないことにしました。そういうのがいい時もあるんです。ただそこに異分子としてそっとすわり、静かに彼らの様子を感じながら黙って食べる。これもまた旅の醍醐味というもの。
お会計を求めると700円。安いね。安いと思う。1000円でもいいかなとも感じます。もしくは安くも高くもなくて、適価というものがあれば、それかもしれません。こういうのにも満足を感じます。
会計の時にここらへんはスリランカの人が多いの?と言ったらニコニコして「そうなんですよ」という答えが帰ってきました。
レジにはまた男性がたむろして、レジの男性と話したそうにしています。なんでここら辺にスリランカの人が多いのかは次回の宿題にしましょう。
群馬への旅はスリランカに通じていました。
さて、マーケットでMDブランドのパイナップルジャムでも買って帰ろう。
あれは好きなジャムなのです。
#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.co
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等の執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。
iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書「カレーの本」
出版社在庫無くなりました。書店、ウェブ在庫のみです。ぜひお早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.