画像: 天ぷらの概念も変わる!?静岡「天ぷら 成生(なるせ)」予約困難さにも納得。 2018年夏

天ぷらの概念も変わる!?静岡「天ぷら 成生(なるせ)」予約困難さにも納得。 2018年夏

静岡「天ぷら 成生(なるせ)」へ。おいしい天ぷらを頂きに行ってきましたカウンター7席。水曜日曜は昼間もあり、基本は17時と20時の2回転。ランチがある曜日は夜は1回転。つまり、連日14名さま限り!今や全国、世界からお客様がおみえなので、いわゆる争奪戦です 志村剛生 大将農林水産省が制定する 料理人顕彰制度「料理マスターズ」も受賞されていますhttp://ryori-masters.jp/ 廻りからも「感激した」「最高!」との声ばかりで、期待度マックス.食べ終わった今、、そのお声にも納得!!️季節ごとに通いたいよぅ、今またすぐ食べたいよぅ 。。。 冷たいとうもろこしすり流し から始まりました 甘くてなめらかでおいしい ●クエの油引き びっくりのおいしさ!60度程の胡麻油でゆるゆる油引き。旨みが凝縮されています。もきゅっとした食感。忘れられないおいしさ。クエ料理ベスト1に輝きました。 ぴちぴち飛び跳ねる、車海老の準備をしていただきながら、、太刀魚を大葉と一緒に衣がカリッ中がふわっ。ちゅんちゅんに熱い!食べると、はふっ〜と空気が抜ける時に旨みと大葉の香りが一緒に上がる おくら カットしても、衣がはがれない丁寧な揚がり。種の丸みを感じ、弾け具合に破壊力がある! 車海老は衣がやや厚めで、もふっふわっ。中が熱く甘みがあり、濃い 小さめの海老は丸めて揚げていただきました その頃、丸茄子が揚がりました。少し寝かせて切っていただくのですが、丸茄子の断面 切る時間帯も絶妙なのか、茄子ってスポンジみたいに油を吸うはずなのに、食べたらカリッとふわっとしてる。目の前でじーっと寝かされている時、「切らないのかなー、まだかなー 油でベタつかないのかなー」と ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.