画像: 開講中!wineloverワールドワインクラス☆

開講中!wineloverワールドワインクラス☆

こんばんは。 先日はレコール・デュ・ヴァンのwineloverワールドワインクラスの第二回でした。 wine lover講座はワインを通してライフスタイルを豊かにしたい方のための、ワインを‟楽しむ”講座です。第二回のテーマは、いまとても旬な産地として注目されている「ギリシャ」。 紀元前からワインが造られている歴史ある国ではありますが、固有品種の魅力を現代的な醸造の導入によって更に開花させ、国際市場に通用するハイクオリティのワインが造られているのです。 ワインラヴァーでもギリシャをメインで取り上げるのは初めて。講師の私もワクワクして授業に臨みました。 冒頭に「ギリシャワインをよく飲む人?」と尋ねると、だれも手が挙がりません...... さっそくwineloverとしてマスターしておくべきギリシャワインの主要品種や産地をご紹介しました。 ≪主要アペラシオンと主要品種≫◆ナウサ(地中海性気候) クシノマヴロ◆アミンデオン(大陸性気候) クシノマヴロ◆ネメア アギオルギティコ◆マンティニア モスホフィレロ◆サントリーニ アシルティコ(↑写真は田邊先生クラス) ギリシャの歴史やワイン法はもちろん、ギリシャならではの郷土料理やギリシャの食体験が味わえるレストランに至るまで......色々な角度からギリシャの食とワインについてお話させていただきました。 テイスティングは、「真夏の対決」と題して、イタリアワインとの比較試飲を。他国のワインと比べることで、それぞれの産地の個性や魅力が見えてきます。(↑写真は瀬川クラス) 最初の2種は泡対決! イタリアはロンバルディア州のフランチャコルタ サテン。造り手はフランチャコルタの名手ベッラヴィスタです。 対するギリシャは、固有品種クシノマヴロを50%使ったシャルマ方式で造るスパークリングワイン。造り手は世界のTOPソムリエや評論家、マスター・オブ・ワイン達がギリシャ最高峰の造り手として認める「キリ・ヤーニ」です。 フランチャコルタはブラン・ド・ブランならではの繊細さと爽やかさに長期瓶内熟成由来の酵母のニュアンスを感じることができます。やわらかな口あたりと、余韻に長くのこる複雑味が特 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.