画像: サマーチーズフェスin広島20181

サマーチーズフェスin広島20181

広島県三次市にある三良坂フロマージュに伺った翌日、広島市内でNPO法人チーズプロフェッショナル協会主催「サマーチーズフェスin広島2018」が開催され、食べあるキングのフォーリンデブはっしーさん、Jaffaさんと参加しました。 先日の豪雨で甚大な被害を受けた地域も多くあり、イベント中止も考えたそうですが、参加される広島、島根のチーズ生産者より、今こそ我々が元気で頑張っていることをお伝えしたいとの強い思いもあり実現したとのこと。チーズ好きな協会会員の皆様100名ほどが集まり、大盛況でした まずは、生産者によるトークセッション。登壇者は、本間るみ子会長(チーズプロフェッショナル協会)、國利知史氏(チーズ工房 乳ぃーずの物語。広島県庄原市)、重丸雅紀氏(やぎ丸農場 広島県世羅郡)、藤岡省吾氏(上野原牧場 フェルミエカドーレ 広島県東広島市)、松原正典氏(三良坂フロマージュ 広島県三次市)、川本英二氏(木次乳業 島根県雲南市)、秦一浩氏(しまねおおなんチーズ工房 島根県邑智郡)、の7名。 三良坂フロマージュの松原さんには前日も工房に訪問し、色々お話を伺っていたのですが、この日も山地酪農についての意義についてお話くださいました。他の生産者さんも、それぞれのバックグラウンドや地域の特色を活かしたチーズ作りをされています。 チーズ工房 乳ぃーずの物語。は、もともと自然農法を中心とした野菜をメインに扱う会社でしたが、地元生産者のこだわりをもっと知ってもらうためにチーズの生産も始めました。初めは、地域の農業生産者も協力的ではなかったそうですが、休日に農家の空き家でチーズの試作を繰り返したりすることで、徐々に理解を得るようになったと現在はモッツアレラ、リコッタなど、野菜に合うチーズを中心に人気となり、地域の代表的な特産品の一つとなりました。 やぎ丸農場では20頭の山羊を飼っていますが、中山間地域で以前は酪農が盛んではなかったそう。農業や養鶏などが中心でしたが、チーズ作りをすることで、より地域の付加価値が高まれば...と4年前に創業。重丸さんは以前、バーテンダーだったこともあり、チーズの魅力を発信する場所として、バーも経営されているそうですよ 上野原牧場 フェルミエカドーレは、牛、山羊、羊、ロバ、うさぎなど沢山の動物たちと触れ合うことができ、観光客も多いとのこと1つ50円で購入した牧草を動物たちに餌としてあげることもでき、またジェラートも有名で、それを目的に訪れるご家族連れも多いですが、そのあと、上野原 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.