画像: カレーですよ4278(千葉県鴨川 里のMUJIみんなみの里)ジビエキーマと無印良品。

カレーですよ4278(千葉県鴨川 里のMUJIみんなみの里)ジビエキーマと無印良品。

道の駅、好きなんですよね。それで、少し前になにかで見てちょっと気になっていた場所がありました。行って見たんですよ。
カレーですよ。
道の駅、好きでね。なんか好き。
クルマで移動をすることが多いこと。ちょいと遠出をするのが多いことがあって、それでJAとかの直売所と道の駅はわりとかかさず寄るんです。野菜、新鮮で美味しいものが買えるし、その地域でいまなにが出来てなにが採れてるかわかるのは楽しいもんです。たまにカレーの面白いのにも当たるしね。
今回は正確にいうと道の駅ではありません。
国土交通省で登録指定される公式の道の駅というのがあって、それなりに規制とか決まりごとは緩いんですが、ここはそれとは違うんですね。はやりでもあるんですが、道の駅に似た総合交流ターミナル。そういうのは全国的に増えているようで、そういう立ち位置の施設です。で、変わってるのは、ここを運営するのが無印良品を擁する良品計画だということ。なるほどねえ。里山に無印のベース。キャンプ場も展開する良品計画らしい施設だと思います。
実はもともとここにあった地域交流施設「みんなみの里」に新たに良品計画が運営参加、改装ののち2018年4月27日にリニューアルオープンとなった場所なんですって。
みんなみの里自体のコンセプト、郷土文化、地域生産品の紹介、農業体験などの地域発信を旨とする施設であったものを踏襲しつつ無印良品の世界観を上手に重ねてあるわけです。なるほどなるほど。もともと道の駅ではなかったそうで、だから当然営業時間があって道の駅とは少し違う、という場所なんです。
敷地内にはご存知の「無印良品」のショップ、それと主に食品、農水産物を扱う地域の直売所。その中にカフェが併設され、開発工房も別棟で持っています。サービススペース的なものも併設されていて、ギャラリー兼図書館的な雰囲気の場所となっていました。本の寄付と交換ができるようで、なんだか面白そう。
無印良品の売り場は衣料服飾、日用雑貨、カレーなどを含む食品などおなじみの構成で小さめの無印のショップという印象。所々にこの地域ならではの意匠を取り入れたインテリアが無印良品の世界観と呼応して雰囲気を作っています。なかなかおしゃれな感じ。
地域農水産の直売所は無印良品のイメージを逸脱しない範囲の中で上手に農家や生産者の雰囲気空気を取り入れたディスプレイを展開していて、好きな雰囲気です。
天井の竹細工の籠類の飾り付けなどなるほど無印的センスを感じさせてます。
野菜、地域ブランドの米、水産加工品やお土産系の生菓子まで扱い品は多彩。びわゼリー、びわプリン、シフォンケーキとうふなど鴨川の地域性を生かした食品が目立ちました。
その直売所の棟に併設されるカフェレストランは
「Cafe&Meal MUJI みんなみの里」
有楽町の店などでもおなじみのカフェスペースで、かなり広く場所を取ってあります。セルフスタイルのカフェで注文カウンターでオーダーと支払いをして自分で出来上がったものをテーブルに運びます。
無印良品で力を入れているカレーももちろんメニューのラインナップに上がります。
里山プレート、鴨川野菜の押し寿司など気になるメニューもあったのですがここはやっぱりカレーで行きましょうか。猪肉、鶏肉のキーマである
「ジビエカレー」
を注文。他にバターチキンカレーなどもあったみたい。
とにかくホールは気持ちのいい場所。広くて三方がガラス張りで里山の緑が自然に見渡せるんです。これがとても心地いい。
あ、カレー出来たみたい。
猪と鶏のジビエカレー、ファーストインプレッションでキレのある辛さを感じます。おや、けっこう辛さがちゃんとあっていいじゃない。
きちんとした辛さですが3種のミックスビーンズを使ってあって、辛さ和らぐやんわり味も併せ持つ、上手な組み合わせでとてもよい。美味しくてべられます。なるほどカレーには一言持つ無印良品らしい良いもの出してくるじゃない。かといって奇をてらうようなものにしていないし。
猪肉と豚肉のキーマ、ということで、それを期待して食べると肩透かしを食うかもしれません。特徴と言えるほどのクセはなくて食べやすいんですよ。
それはつまり、猪肉を食べる、と意気込むのではなくて地のものを使うというシンプルな発想からの猪肉なのだろうね。そういう部分は好感が持てます。
ローストされたズッキーニには黒胡椒が振ってありよいお味。
ロースト野菜は季節で変わるようで、そんなところもなるほどキープコンセプトなのだなと感心。本来は当たり前のことでしゃ、それ。でも季節で変わるとひとこと添えることで無理やりにでもいつでもメニュー写真と同じものを使うという現代の大手資本のレストランの歪さ(いびつさ)を逆手にとるようでそう思ってやってらっしゃるかどうかはわかりませんが、小気味いい。
もう1つ注文した、
「ケールと豆腐のチキンバーガー」
がこれがまた良かったよ。
ちょっと味の想像がつかなかったのですが、これも上出来、美味しかった。
ケールは青汁で知っていますが葉のままだとそれほど青臭くないことを知りました。豆腐も入ったチキンパテ、なかなか良いのです。
野菜の量もバランスよくオリジナルのケチャップソースの味もよかった。うん、これいいよ。パンもちゃんと美味しいものを使っているようで満足感がりました。
カフェは大変に快適で、高い天井と見晴らしがよい大きく取った窓からの里山の風景に気持ちが和んでゆきます。電源タップ付きのカウンター席もあって使い出も申し分ないですね。普通の水とミントを入れてあるものが選べるのも楽しかったですよ。
休憩所ではなくカフェなので、当然注文をしてそれを食べて過ごす場所な訳です。これはいいと思う。
無料の休憩所は、なんというかちょっとだらしない空気になることが多いでしょ。それがないのは快適だと感じます。
無料で休憩できる場所もあるけどそちらは本が置いてあったりギャラリー展示がしてあり、同じくだらしなくなりづらい空気にしてあって、なるほどいいのではないだろうか。コントロールが効いている感じです。
そう、だってここは道の駅ではないからね。
良品計画はここ、みんなみの里以前から「里山トラスト」という活動をしていて、農業体験イベントなんかを積極的に行っているそうです。みんなみの里はその延長線上にあるものでいわゆる六次産業化に向いた取り組み、良品計画の代表が「六次産業化で、農家が潤うシステムを」と発言しているみたい。
そういうのはいいと思うし、その成否が楽しみです。
道の駅とはまた違った楽しみ方ができました。
いいんじゃないだろうか。
#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.co
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等の執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。
iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書「カレーの本」
出版社在庫無くなりました。書店、ウェブ在庫のみです。ぜひお早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.