画像: 「ここは台湾...?蒲田ディープ中華 台湾小吃OHの麺線、タピオカミルクティー」

「ここは台湾...?蒲田ディープ中華 台湾小吃OHの麺線、タピオカミルクティー」

すごいお店があるから、って言われて蒲田西口。
どうやら教えてもらっていたお店と名前が違う。。それにより、最初お店に到着できませんでした(; ́Д`)
ネットの中もかなり情報が錯そうしているようなのですが...。
私も正確なことがわからず!(笑)
住所書いておきます 大田区西蒲田7-64-1
日本にもあるんだ、こんなオープンスペース(笑)
増築されてる~
ぶっちゃけちょっと抵抗ありました、お店の作りとしては。
でも、
まだ日本に来て2年というおとうさんが一生懸命コミュニケーション取ってくれるところとか、
笑顔で明るいおかあさんがすごくいい感じ。
日本在住の台湾人もお客さんとして沢山来ているところも好感持てました。
ま、おとうさんおかあさんて書いてるけど、私よりも若いかもしんない(笑)
私が中華好きだからってここを紹介してくださったところがあって、
たぶん自分では出合えなかったお店を教えてくださったのはとてもありがたい!
メニューは多いのですが、単に中華料理屋さんというにはやはりかなり台湾風。
食べたことがないもの、想像つかないものも多いです。
お通しは干し豆腐。
早速洗礼を受けました。
ピーナッツと魚、的なことが書いてあったので頼んでみたら、
アーモンド小魚みたいなのが出てきました(笑)
しらすと野菜を油でいためてあります。
お酒に合う!なんか乾きものでもなく?でもお料理という感じでもなく?
これは文化的でとてもいい。むしろこれで良かった。
蒸し鶏。
鶏肉の美味しさとてもいい。
あっさりまとまってるけど、コクもあるソース。
糯米腸。
むむむ、私が知ってるのと違うぞ...?
これ食べて、幅があるメニューなんだってことがわかりました。
これは、もち米を腸詰にした食べ物。
お肉だったり欲し海老やシイタケなどを一緒に詰めるのが普通と思っていたのですが、
ここはシンプルにもち米だけだった。
そしてコレ!
干し梅。
サービスで、お酒に入れてみてーって渡されました。
あっこれはアレだと盛り上がり、袋をあけて匂ってみるとやっぱりチョコレートの香りがしました。
大根餅。
焼肉のたれみたいなのがかかってました。
ジャンク~
麺線。
キタ!台湾名物。
めんせん、とかミェンシェンとか言います。
専門店が新橋にできて、じわじわと知られる存在になってきてますね。
それでも私はなかなか出合わない。
もつ入りでした。とろとろー
ルーロー飯。
魯肉飯。
なんとここのはつゆだくでした!
牛丼みたい。。(豚肉です)
テイクアウトでタピオカミルクティーを頼んで。
たっぷりのミルクティーと共においとましました。
手作りしてて時間かかるのですが丁寧に作ってます。
甘さや氷の量も調整できます。
甘さ控えめにしてみたけど、もしかしたら普通で良かったかもです。タピオカも甘いです。
帰り道もかなり風情あります蒲田。
ちょっと行ってみたい天ぷら屋さんがありました。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.