画像: 「大阪吹田 松竹堂のフルーツ餅をお取り寄せ」

「大阪吹田 松竹堂のフルーツ餅をお取り寄せ」

このブログを始めたばかりの頃でした。
大阪のブロガーさんを中心として周囲でこのお菓子がブームになって
季節ごとにかわるフルーツの餅をみんなで話題にしていたりしました。
その当時は東京では買うことができなかったため、そのままだんだん食べなくなってきてたのです。。。
ところが。
ウェブ通販が始まったという話を数年前に知り。
いつか、いつか取り寄せてみようと思っていたのです。
せっかくならば桃の季節に(笑)
どうせならたくさんの方に知っていただきたいとも思い、
ぐるなびにも記事を寄稿しておりますー。
さてこのフルーツ餅。
いちご大福を筆頭に、フルーツが入った大福は全国各地にあります。
しかし、
ここのフルーツ餅はかなりの歴史があり、
また、伝統的な和菓子の領域から外れすぎることもない、
とっても上品な大福なんです。
先にどういう食べ物なのか、紹介しておきますね!
でんぷんを使ったツルンとした食感の餅。
しかしきちんと餅としての粘りと米の味もします。
旬をとらえたフルーツを、滑らかな白あんで包んであります。
↓こちらパイナップル
ただでさえ室温でとろとろになってしまうほど繊細なお餅なのです。
それなので、
「ウェブ通販はいいけれど冷凍されてきたらフルーツが台無しだなあ。。。」
って思っていたのですが。
作りたてのそっくりそのまま、生菓子のままで届きました!
この時はもう封を切っちゃってますが、郵送にあたり、きちんと美しく届く工夫がされていました。
この季節(6月)は、上から、
メロン、パイナップル、巨峰、白桃、マンゴー でした!
フルーツは国産が多いのですが、美味しいものならば国産にこだわらず使っていきたい、という考え方なのだそう。
フルーツの美味しさが千疋屋か高野かっていうレベル。
本当に美味しい。
食べた瞬間のフルーツの香り、糖度高いフルーツの中に隠れる酸味に白あんがそっと甘さ加えてくれる。
十数年前に食べた味と全く変わらない!
変に洋菓子に寄せていくことなくちゃんと和菓子です。
フォルムもフルーツの形で、お子様にも喜ばれそうですよ!
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.