画像: カレーですよ4274(荻窪 吉田カレー)階段の行列。

カレーですよ4274(荻窪 吉田カレー)階段の行列。

あんなに好きなのに、あんなにバナナジュース飲みたいのに、あんなにアチャールきになるのにちっとも行けてないあのお店。もう何年単位で行っていないかもしれない。でも愛しているあのお店。
カレーですよ。
可愛さ余って憎さ100倍、、、じゃなくて。
もうなんかダメなんです、並ぶのが。ほんとダメ、行列。大嫌いなんです。行列でボクがガマンするのは町田のアサノと検見川のシタールくらいのもんです。うん、そんなもんです。どうにも我慢ができない、飲食店の行列。おごりの寿司の行列蹴ってひとりで牛丼食って帰ったこともあります。
そんなボクですが。ついうっかり荻窪で。
「吉田カレー」
なんですけどね。
いやね、行列を憎みすぎるあまりに荻窪の吉田カレーに行かずに鹿児島市役所前の伊場カレーに行ってしまったという始末。(が、伊場カレーも並ぶらしいんだよね。ボクは幸運にも難を逃れた)
それくらい飲食の行列を憎んでいるわけですが、魔が差してうっかり並んでみようと考えました。なんというか、条件が良かったので。雨の月曜日。いいんじゃない、どうかな。
あっ!いける。ラッキーなことに並ぶことができました。
最近の吉田さんの動向を掴みきれてないんでよくわかんないんですが、シャッター半おろし(カメラのシャッター半押しと似てるな)は定番として、階段からはみ出たやつは死刑ってのもあったはず。そういう鉄の掟があるわけです。行列に並ぶことさえできないというね。それで、階段行列、いけました。
前にはこの雨の日にサンダルばきの女の人が並んでいるんですよ。階段の上だから足ばっかり見てたら実はサンラサーのまりこさんでした。足見るなと後で怒られました(笑)人の足元を見てはいけないってことです。
あんまりおもしろかったので二人して黙って並んで店内に。カウンター後ろで座って待つも吉田さんなかなか気づかない。会計に来た吉田さんがレジから顔を上げた途端目を剥いてました(笑)
いやしかし楽な行列だと思われます。この日はなんとたった2回転、30分切る程度で入れました。まりこさんいたからおしゃべりしてて気も紛れたしね。
さて、オーダーは。えーと、辛口、並盛り、あとはまりこさんのとおんなじで、と吉田さんにお伝え。さてさて。
皆さんは吉田カレーを恐ろしい場所と思ってるかもしれませんがいい子でいれば怒られません。まりこさんと二人でテーブル席でおしゃべりしながらカレー、待ちました。来ました。これです。
ああ、うーん、ウンウン。やっぱりうまい。やっぱりおもしろい。面白いなあ、吉田カレーは。
豚が特別デカイです。きっと吉田さんは例によって差別して特別大きいのをくれたんです。きっとそう。
吉田カレーの面白さと凄みというのがあると思ってるんですよ。吉田さんの作るカレーはみんなが好きな味だと思います。日本人の好みの大きな流れに沿った甘い味の土台を立てて、そこにいろいろな要素を滑り込ませつつバランスをとってあると感じます。
カレーソース自体は決して一つ一つの中身がなになにとなになに、みたいにわかる感じではなく、バラけておらず一体感を持って一本の味と香りでやって来ます。周りに乗せる追加具材などで変化が大きくでておもしろい動きが生まれるわけです。そしてそのみんなが好きなカレーソース、そう書きましたがまったくもって凡庸ではないんです。
これを真似しろと言われて一瞬簡単な気がする人もいるかもしれません。そんなわきゃない。当然絶対にまねができない。
技の部分もありましょう。でもそれ以上に発想であるとかひらめきの部分。そこが大きい。吉田シェフでしか出てこないアイディアややり方に魂が宿るんです。マネをしたって意味がない。真似した時点で吉田カレーじゃないし吉田カレーに似たものではなくて以前吉田カレーがちょっと作っていたもののマネ、になるわけです。吉田シェフは常にその時作ったカレーを突き放して次に進んでいきます。マネした時点でそれは「古いもの」で、みっともないことこの上ありません。
そして吉田さんが厨房に立っていなければそれはもう吉田カレーではない。そう思います。ツイッターのダメコメントを楽しみ、袈裟斬りに斬って捨てる彼のスタイルを知り、しかし店では淡々と仕事を進める彼を見て食べるからこその吉田カレーなのです。
レトルトの製品化が進んでいるそうです。夜の営業をやめるとも言ってましたね。
店で食べるのではないそれは、それでもやっぱり吉田カレーです。でも、吉田カレー2号なんじゃないかって思っています。吉田カレー2号も、しかし、吉田シェフの手になるものなわけです。
それでいいし、両方とも多分好きだし、待ち遠しいもんです。
追記
その後、サンラサーまりこさんとファミレスに移動して小一時間、業界を憂う大いなる会話を交わしました。カレー業界に幸多からんことを。
追記2
あの持ち帰りのアチャールは本当にヤバい。どんだけ食べてもまだ足りない。おそろしい。
#カレーダンニャバード #カレーツーリズム #カレーですよ
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.co
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等の執筆、コンサル、商品開発等実績あり。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。
iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書「カレーの本」
出版社在庫無くなりました。書店、ウェブ在庫のみです。ぜひお早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.