画像: 52(六本木)

52(六本木)

赤坂で仕事を終えた21時。
後輩に「美味しい餃子を食べたいです」と言われ、浮かんだのは恵比寿「安兵衛」と、赤坂「みんみん」。
電話すると、ともに満席。安兵衛はこの時間でも1時間以上の待ちだそうだ。相変わらず人気すごいな。
テキトーな餃子でお茶を濁したくない。
とはいえ鈴木砂羽さんがdancyuで推してた「てんほう」は千歳烏山だから遠いし。
餃子は諦めようか、と思ったその時、ふと浮かんだ、5時までやってる美味しい中華、52。
ここの餃子も美味い。
電話すると、席、取れた。
着くとほぼ満席。
いつでも入れて、行くとガラガラの店はテンション下がる。
その点この店は、この時間でも次から次へとお客さんが来る。
思えばいつも行くと混んでて活気がありながら、行きたいと思ったときに入れる、つまり相性の良い店だ。
そんな52。
六本木の路地裏の見つけにくい場所。ただ52とだけ書かれたさりげない看板。
入ると長いカウンターがあり、中華にしては暗めなバーのような雰囲気。
ビールとパクチーサラダ、叩ききゅうりで、まずは胃に野菜を入れる。
ピータン豆腐はトマトとの酸味がいい。
そして焼き餃子。
これがやや大きめサイズで皮は厚手。
ここから僕の餃子の食べ方を後輩に見せる。
ワインが、泡、白、赤と少しずつ濃く重くしていくように、餃子もまずはそのまま何もつけず。
うーん、皮モチモチ、肉汁がまるでシャンパンファイトのように吹き出すのを楽しむ。肉の粗挽き感もいい。
続いて酢を小皿に。白ワインのように、餃子のフレッシュ感と酢の酸味の相性を楽しむ。
さらに小皿に醤油を足して、赤ワインのような濃厚さを楽しむ。ふた口目はさらに辣油を垂らして、フルボディ感を楽しむ。
そんな焼き餃子もめちゃくちゃ美味しいのだが、これを超えると後輩も感動してたのが、水餃子。もやしと、担々麺の芝麻醤にも似た甘く香ばしいタレがかかってる。八角やザラメも香るこのタレが、皿を舐めたくなる美味さ。我々が知る水餃子の美味さの想像を超える。
さらに黒酢酢豚や、青菜と木耳の卵炒めなどを食べ、〆は担々麺。
2つにとりわけてもらうとちょうど良いハーフポーション。辛さがマイルドで癖になる香り。一軒目でもいいが、〆に担々麺だけ食べに来るのも良い。だが他も美味そうで、ついつい食べてしまうのだが。
お値段も手頃。
一人飯やデート、合コンにオススメ。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.