画像: カレーですよ4248(木場 カレーキッチン カラーズ)下町カレー地帯。

カレーですよ4248(木場 カレーキッチン カラーズ)下町カレー地帯。

実は有力なカレー店がいくつもある木場界隈。
知らぬ間にインドレストランも3~4軒あるしそれが入れ替わったり新陳代謝しているし、カオマンガイ専門店(いまは他の料理も作ってくれるようになったよ)や下町に展開するカレーライスのチェーン、テレビドラマの孤独のグルメでも取り上げられたインドレストランなどなかなかの充実具合。
カレーですよ。
そんな中に日本人シェフがカウンターに立つアジアエスニックカレーライスの店があります。
物件が面白いんだよねえ。ボクは下町の生まれ育ちですが、そういうボクが子供の頃から親しんで来た長屋風、というのかな、そういう建物も残る一角にそのお店はありました。写真のカレーバザール はもうしまっちゃったみたい。今日行ったお店は、
「カレーキッチン カラーズ」
いつだったか、たまたま通りかかってのぞいてみたんですが、その時はお休み。そのあと2回ほど同じように通りかかって同じようにお休み。やっとお店に入れましたよ。
カウンターだけの、ちょっと和風の感じのお店。雰囲気があります。さて、なに頼もうか。チキンカレーがありました。多分これを一番初めに頼むべきなんだと思うんだけど。でも、
「アジアン風エビカレー」
にしてみました。いや、なんとなく。エビ好きだし、アジアン風気になるし。
ランチのコアタイムを大きく回った時間帯、僕と女性のお客さんの二人だけ。マスターが黙々と鍋を振ります。
出てきたカレーはこんな感じ。
カレーソースは黒くてサラサラ。すわ、アレ系か、と警戒するんですが、いやいや、そこまで辛くないですよ。うむ、ひと安心。
ゆるいとろみとコクのソースにぷりんとしたエビがたくさんはいります。これはたまらないねえ。
添えられたキーマがまた秀逸なんですよ。自然なあま旨がたまらないお味。これはなかなかのものであります。キーマがあるからバランス取れる、的なところもあるかもしれません。優秀です。
インド風チキンカレーも俄然食べてみたくなりました。
カウンターだけの飲み屋的店内でさらりとうまいカレーを食べてさっと席を立つのがサマになるお店です。
いいじゃないですか、そういうの。
さっと食べカレーのプロになりたいぞ。
#カレーツーリズム #カレーダンニャバード #カレーですよ
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>l
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.co
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
カレー全般、および食に関するお仕事をお受けいたしております。
テレビ、ラジオ出演、講演、雑誌、書籍等の執筆、商品開発等実績あり。
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等はお気軽にどうぞ。
iizka3@gmail.com(@を小文字にて)
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
著書「カレーの本」
出版社在庫無くなりました。書店、ウェブ在庫のみです。ぜひお早めに。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
活動内容等の各種Linkはこちら http://about.me/hapi3
Instagramはこちら。 https://www.instagram.com/hapi3/
tumblr 日々の事がまとまってます。http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル。カレー中心。 http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ 「いつもんログ」http://hapi3s.blogspot.jp/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

blogs.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.