画像: 鹿児島の住宅街で本場のナポリピッツァが楽しめる!

鹿児島の住宅街で本場のナポリピッツァが楽しめる!

本日のピックアップフォトは、鹿児島の住宅街「谷山」で本場のナポリピッツァを提供している「イルティンバッロ」で食べたマリナーラです。手練りで作ったザックリとした旨味のある生地にトマトソースとニンニク、オレガノのバランスが良い旨いナポリピッツァでした。
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
今回の鹿児島出張では前から行きたいと思っていた「il Timballo」に行くことが出来ました。
入口には綺麗な花が飾られていて、とても入りやすい雰囲気のお店です。
オーナーピッツァイォーロの藤田さんは、ピッツァ職人のコンテストに出場したり、鹿児島とナポリの姉妹都市記念イベントでピッツァを焼いたりして、積極的に腕を磨いてるピッツァ職人です。
ナポリから運んできたマリオアクント社の薪窯にMIYAMURA WORKS(MW)のサインが入った煙突という仕様を見ただけで、ピッツァにも期待が持てます。
店内は温かみのあるウッディな内装でカウンター席もあるから一人でも使いやすいお店です。
今回は初訪問だったので、サラダと軽めの前菜盛り合わせとマリナーラ、ドルチェ、エスプレッソをお願いしました。
サラダは地元の畑で採れた新鮮な野菜がたっぷりで、とっても美味しいキャベツや、フルーツに合わせた、自家製ドレッシングがかなり美味しかった。
前菜盛り合わせにはアランチーニ(ライスコロッケ)、フリッタティーナ(マカロニグラタンコロッケ)、パルミジャーナディメランザーネ(茄子のパルマ風グリル)、など僕の好きなものばかり、ナポリの辛口サラミや生ハムなどの定番もありましたが、カブとゴルゴンゾーラチーズのグラタンが、初めて食べる味でメチャ旨だった。
ピッツァはナポリのカプート社のサッコロッソを使って、少し長めの発酵で熟成の旨味を出すタイプ。
ミキサーを使わず手練りでしっかりと旨味を引き出す生地作りをしています。
マリナーラはトマトソースとニンニクとオレガノ、バジルだけのシンプルなピッツァなので、初訪問のお店で生地やトマトソースを確認したい時に必ず頼むキラーメニューです。
仕事は丁寧で、窯の扱いにも慣れている藤田さんでした。
窯の中でしっかりと焼いていきます。
焼きあがったマリナーラを持って、ハイ、ポーズ!
今回は初訪問だったのでマリナーラにしましたが、次はこの店でしか食べられない地元食材を使ったピッツァを頂いてみたいと思います。
食後のドルチェは地元の枇杷を焼酎でコンポートしたのと、スフォリアテッラ、スイカとパッションフルーツのソルベットでした。スイカとパッションフルーツのコンビネーションがこんなにバランスが良いとは驚きのソルベです。
スフォリアテッラはマツコの知らないイタリアの世界で「こんな美味しいお菓子があったの!」と大絶賛したナポリの郷土菓子で、バリバリのパイ生地の中にオレンジ風味のリコッタチーズのクリームが入っていて、1度食べるとその食感と味にハマる人が続出するお菓子です。
ナポリに行くとスフォリアテッラ専門店がいくつもあることから地元でもファンが多いことが分りますね。
エスプレッソをいただきながら少しだけ藤田さんとお話をしてから天文館のホテルまで車で走りました。
天文館からちょっと離れていても、十分に行く価値のあるお店なので次に伺うのが楽しみです。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
ピッツェリア イル ティンバッロ
Pizzeria il Timballo
電話:099-813-8277
住所:
鹿児島県鹿児島市谷山中央2-4119-4 村田ビル 1F
交通手段
鹿児島市電「谷山停留所」より徒歩6分。
谷山駅(JR)から215m
営業時間
11:30~14:30 18:00~22:00
日曜営業
定休日:火曜日
予算(口コミ集計)
¥4,000~¥4,999 ¥1,000~¥1,999
個室:無
完全禁煙
駐車場:有
公式アカウント
https://www.facebook.com/Pizzeria-il-Timballo-1865352743695456/
オープン日:2017年1月
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.