画像: 山形県酒蔵巡り♪

山形県酒蔵巡り♪

山形で開催された、IWC(インターナショナルワインチャレンジ)2018日本酒部門のトロフィー発表、授賞式の前日、前入りして山形の酒蔵に伺いました。 新幹線の駅、さくらんぼ東根、可愛い駅名ですね東根市は、さくらんぼ生産量日本一なのだそうですよ! すでにさくらんぼも売られていました。 そこからタクシーで15分ほど、山法師・六歌仙の酒蔵へ。 松岡茂和社長が蔵をご案内くださいました。現在1500石ほど製造されていますが、精米機も蔵内にお持ちで、造りのスタート時以外は全て自社で扁平精米。 30年前からの設備で、縦型蒸米機や大きな製麹機、6トンの醪タンクなどを使用していますが、人の感性をどこまで酒造りに溶けこませるかを大切にしている、と松岡社長。 醪などを管理する中央コントロールルームがありますが、55歳の社員杜氏さんはやはり様子が気になり、造りの時期は夜中でも蔵に来るのだそう。 機械を上手く扱うために、結局は熟練された人の目と手が必要なのですね。 流通に負けない高品質で安定した酒造りを目指し、日々尽力されています。 こちらは、杜氏さんの左手。 こちらは、地元で成功された方の右手。ご利益ありそうですね 毎年開催される蔵開きでは、2日間で8000人ほどがいらっしゃるそうですよ東京などからも沢山参加し、山形の食、自然を満喫して帰るとのことですので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。 また、毎回中目黒で開催されている和酒フェスにも出展されているので、次回7月21日、ぜひお酒をいただきに、松岡社長に会いにいらしてくださいね(私は、司会をさせていただきます) お昼には、近くにある人気の蕎麦屋、七兵衛そばにお連れくださいました。 平日でもかなり並んでいましたが、週末はもっとすごいとか。 平打ちの麺はとてもコシがあり、蕎麦の香りもよく、大根の絞り汁につゆを足していただくのですが、ピリリとした風味も加わり、とっても美味しかったです 山法師の大吟醸と共にいただき、スイスイと...お昼から幸せなひとときでした そのあとは、電車で移動し、楯山駅へ。無人駅でなんとものどかな風景。 後で知ったのですが、ここはまさにジブリ映画「おもひでぽろぽろ」の舞台になった地なのですね。 蔵までてくて ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.