画像: 「浅草 肉のスタミナ屋 肉とカメラの話」

「浅草 肉のスタミナ屋 肉とカメラの話」

浅草焼肉。
このお店のサイドメニューとカルビ、とっても秀逸。
でもお肉について語ったのは一言二言。
浅草到着してから帰りの電車に乗るまで5時間くらいあったけど、その間に話していたことはカメラの話ばかりでした。
富士フイルムユーザー3人で富士のカメラがいかに素晴らしいかを語り合う夜でした。
やばい人たち(笑)
私ずーっと富士フイルムユーザー。
このブログはすべて(と言ってもいいほどに)フジのカメラですし、
今もそうです。
でも、
カメラカスタマイズなんてしたことがなくて、あるものをあるように使っていた。
カメラが良いから全然それでもいいのだけれども、
この日お会いしたお二人は、とーーーーってもカメラを楽しんでいらして大尊敬。
私の撮り方とかカメラとの付き合い方とか、ヘビーユーザーの人から見たらどう見えるのかなんて考えたことなかったよーお肉の後は3人で一緒に浅草を撮影して歩きました。
同じ富士フイルムユーザーだけど全員カメラが違う!レンズも違う!
そして設定も全員違う!!(笑)
好みはそれぞれなのです。
でもその奥底に富士のベーシックな良さがあって、誰がどう撮ろうと、好きって思えるんだなー。メンバーのおひとりであったMMさんのお好きなクラシッククローム設定で撮ってみたよ。普段の私だったらこう撮ってます。Velvia設定。うん、私らしいな(笑)
私は勉強させてもらうばかり。
構図とかツボになるポイントとかね。あんまり考えながら撮らないからなー色はくっきり、でもふんわり撮るとか。
一度にいろんな色で撮れる「ブラケット」という仕組みでも、
選べる3つの設定を何にするのか。私と全く違った。
「意外すぎるからそれー」って感じー
もっと使いこなさなきゃいけないなー、とか思ってるうちに、
お二人はもう次のカメラを買う話をしていた...。
私はあと3年くらいは今のX-T2を使い続けたい。出来ればもっと続けたい。
一台と長いお付き合いをしながら、じっくり話し合い一緒に撮っていきたいタイプです。
そうだそうだ、
その前に使っていたX-E1が名機だという話になり。
ちょっと見直してきました。
私、X-E1復活させようかなー。
---
あっ、ここまで書いて終わろうとしていたよヤバイ。
お肉もとてもおいしかったです。
ハラミとカルビを食べたけど、カルビが美味しかったー
それも常連さんのKSさんのオススメ、普通のカルビ。
あとサイドメニューよかった。
これです、ふつう(特上などでない)のカルビ。
肉の写真が...、ない...。笑
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.