画像: 横浜の人気店「CAMBUSA」のディナーはオシャレして!

横浜の人気店「CAMBUSA」のディナーはオシャレして!

本日のピックアップフォトは横浜でなかなか予約がとれないと評判の名店「Cambusa(カンブーザ)」で食べた、ナポリのジェノヴェーゼを応用したピッツァです。青森でジャージー牛を育てている生産者から仕入れたジャージー牛を、大量のタマネギで煮込んだナポリのジェノヴェーゼは、肉の旨味とタマネギの甘みに、ピリッとした黒胡椒とンドゥイヤの辛味がたまりません。
そこにジャージー牛のヨーグルトをトッピングするところがカンブーザの料理センスの良さを感じます。
今回は夫婦で歌舞伎鑑賞をした後で、ちょっとオシャレをして行きたいお店として選んだ横浜「カンブーザ」のディナーレポートです。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
久しぶりに横浜の「カンブーザ」に行ってきました。
2号店の都立大学「ガレオーネ」には何度も伺っているし、オーナーの高田さんや奥様の正美さんとも、ガレオーネでお会いしていましたが、1号店のカンブーザに行くのは本当に久しぶりでした。
このお店は横浜の路地裏にひっそりと建つ隠れ家レストランで、雰囲気も良く料理も美味しいから、オシャレをしてフルコースのディナーを楽しみたい時などにぴったりのお店です。
この店も入口すぐのカウンターには荒川リリーさんのチーズ天使やカンブーザ天使、園田あけみさんのミニ額が飾られていましたよ。
スタートはシャルドネ100%のフランチャコルタ「Antica Fratta」で乾杯しました。
コースのスタートにはパーネカラサウとほうれん草のスープでした。
僕は必ず初めにサラダをもらうんですが、これがちゃんと作ってくれていて実に美味しかったです。
次のワインはフリウリのフリウラーノを使った白「Castello di Porcia FURIULANO」です。
フランス産ホワイトアスパラガスにはフランス産ピサンリ(遮断光タンポポの葉) 、スナップエンドウ、スペルと小麦、パルマ産17ヶ月熟成生ハム、温度卵がトッピングされています。
この卵を潰して卵黄を絡めながらいただくのが最高に旨い!。
シチリアの「DONNAFUGATA Bell'Assai(ドンナフガータ ベッラサイ)」は、シチリアの土着品種フラッパート100%で、赤ワインの中でも華やかでフルーティな美味しいワインですよ。
パスタは自家製のストロッツァプレティには熊本産あか牛のラグーとトレヴィーゾが乗っていて最高に旨い!!
本日のメインディッシュは先月食べあるキング食材探求プロジェクトで訪問した熊本あか牛を使ったステーキです。
火入れもちょうど良く、付け合わせのタマネギとトレヴィーゾ、グリーンアスパラなどのお野菜やソースなど全てが上手くまとまっていて、しっかりとあか牛を堪能出来ました。
食後に今月が誕生日だった妻にバースデープレートを作ってくれました。
〆はエスプレッソです。カンブーザはスペシャルティ珈琲の人気店元住吉の「Mui」の豆を使っているので、美味しい珈琲が頂けますよ。
最後に新体制になって加わった後藤シェフも一緒に記念撮影です。
素晴らしいお料理とピッツァをありがとうございました。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
カンブーザ (CAMBUSA)
電話:045-512-8882
住所:神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-11-2
交通手段
JR横浜駅西口から徒歩5分
営業時間
11:30~15:00(L.O13:30)
18:00~23:00(L.O.21:00)
定休日:月曜日(但し祝日の場合は変更有)
予算(口コミ集計)
夜:¥10,000~¥14,999 昼:¥3,000~¥3,999
支払い方法
カード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
電子マネー不可
サービス料:ディナーのみ、サービス料10%
席数:36席(全てテーブル席です)
個室:無
8名様までの半個室状のフロアーがあります。
貸切:可
完全禁煙
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
隠れ家レストラン、一軒家レストラン
ソムリエがいる
ホームページ
http://cambusa-2014.jimdo.com/
公式アカウント
https://www.facebook.com/cambusa.jp
オープン日:2010年4月14日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.