画像: 「ランラン魚卵!巨大タラバガニ!北のごちそう三昧 天塩町の七福寿司」

「ランラン魚卵!巨大タラバガニ!北のごちそう三昧 天塩町の七福寿司」

初日の夜はごちそうー!
魚卵祭でした。
カリスマ漁師の菅井好文さん他天塩の若手漁師の皆さんプロデュースの魚介たち。
こんなこと言うとアレなんですが、多分、想像の域を超えないけれど、
北海道にいらっしゃる方でもなかなかこんなのは簡単には食べられないのではないかと思うほどに素晴らしかったです。
場所は七福寿司さん。
1階にはカウンターと小上がり、2階はお座敷。
皿からはみだすタラバガニ。
ほんとにおっきかった!
しかも身の詰まりがすごい。
次の日菅井さんに聞いたら、ちゃんといいタラバガニを選んでくださっていたって!
そう、蟹は大きさじゃない、重さと質。
しっとりと甘いタラバガニ、最高でした!
何から手を付けたらいいのかわからないくらいだー。
あふれだすつぶ貝刺し。
天塩の海って豊かなんですねー、量が尋常じゃない...!
目の前にはホッキ貝。
ジュージュー焼くよ。
焼くとぷりっぷりになるね。
絶妙な味付け。
そして魚卵!
イクラ。
イクラは菅井さんによる手作りで、調味料の配合、漬け時間などこだわりがあります。
当別かじかの子。
しっかりとした粒。
とびっこみたいな まかじかの子。
ああぁどれも美味しい!
もう最高です!イクラは子供の頃から大好き。
寿司ネタで一番好き(笑)
悪いことしてる!(笑)
でも悪いのが美味しいの。
魚もいろいろ。
ひらめ、贅沢な量。
サメガレイ。
想像してるより上品!サメじゃないもんね。。
そしてコレ!絶品でした、カスベ。
菅井さんの息子さんで若手の漁師の文人さんに勧められ、
おそるおそる食べたら...!
めっちゃおいしい。
つまりアレですよ、魚のひれのところだけを食べてるみたいな!
繊維っぽくてすごくおいしい。
これエイなんです。エイヒレ。
途中からおなかいっぱいで<もうアカン>状態だったんですけど、
どんどん勧められる。
これは昔おやつだったんだって(たくさん獲れてたのかな)
しろ貝。
むっちゃ美味しかった。
もっとおなかすいてたらばくばくイケた。
最後はやっぱりしじみ。
天塩町のしじみ!
真っ白です。このエキスすごい。
そして天塩町ではここにコショウを入れるんですって!
ちょっと中華風に味変するから面白いのー
これぜひ皆さんもやってみてください!
最後のさらにシメに天丼が出てきたのですが、
七福寿司の方は以前天ぷら屋さんにもお勤めだったということで
かなり美味しい天丼!
味もとてもよくて、全部美味しかった。
また食べたい天塩の思い出の味です。
つづきます。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.