画像: 「新潟・南魚沼 口の中でほどける食感たのしい今成漬物店の山家漬」

「新潟・南魚沼 口の中でほどける食感たのしい今成漬物店の山家漬」

雪深い山の中って漬物文化が発達しますよねー。
これも雪国ならでは。雪国観光圏のツアーではこのお店にも連れて行ってもらえます!
長い冬の間に野菜を塩漬けするって、まさに人の知恵ですね。
八海山の酒粕に漬け込む野菜。
奈良漬みたいなお酒をじんわり感じる漬物って好きですか?
私は大好き!
子供の頃、友達のお母さんが漬けた漬物を食べておいしくて感動して、
家に帰って母親に報告したくらいに(笑)
酒粕で熟成された野菜。
特にこの今成漬物店の名物は「錦糸瓜」。
私の実家では糸瓜って言うかな。そうめん瓜とか金糸瓜とも。
この地域っぽいなーって思うのは山菜のお漬物。
わらびがきれいに漬けられていました。
錦糸瓜のみバージョンはこちら。
山家漬けは茄子、きゅうり、わらび、錦糸瓜、越瓜が詰め合わせになっています。
六日町商店街にある小さな漬物屋さんです。
二百年の歴史ある蔵。
これはほんとに逸品。
この後お宅へとお邪魔して試食会となりました!
素材にこだわり製法を頑なに守る。
意外とみんなが錦糸瓜を知らないと知る。
時期になると道の駅にゴロゴロしてるからメジャーなんだと思ってた。
山家漬。
お茶請けに漬物(つけもん)。
これ、子供の頃の定番でした。
残った酒粕にクリームチーズを漬け込む。
魚漬けだと生臭くてできないけど、漬物ならできるよね...もう最強すぎる。
大勢でおじゃまして、ラグジュアリー空間で感じる歴史の一端。
たのしかった!
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.