画像: 29日はニクの日ー!友達が15周年を祝ってくれたのでいろいろ考えた。

29日はニクの日ー!友達が15周年を祝ってくれたのでいろいろ考えた。

29日はニクの日ー!
焼肉食べににきませんかか?と誘われ、にくにくー!
ということで学芸大の听屋焼肉さんへ行って来ました。
牛肉の唐揚げ やら
カレーどら焼き やら
ふしぎな食べものを食べた最後のデザートがあああ
祝めでたし15周年のお祝いプレートくりびつ仰天。
フリー15年ですからじつは局アナ時代入れたらアナウンサー人生四半世紀になるのでした。おまえもはやアナウンサーの仕事は半分もないだろう。という自分つっこみを入れつつ、社会人のスタート10年を放送の内側から始められたことは今もってラッキーでした。
1990年代のテレビ業界では、デジタル化が始まると多チャンネル時代に突入するから地方局は不要、消滅すると言われていました。その25年後、地方局は成長はせずとも生き存えています。あれ?まるで今の地方自治体と同じではないか。
わたしは今を先行くローカルメディア出身だったのである。
メディアも変わる。
幸福感も変わる。
仕事の仕方も変わる。
だけど石川県で一人でデジカメに三脚立てて取材してた頃と、いま自撮り棒持って全国の農村からSNSでやってることと、根本的にはまったく変わってない。
どんなに世の中がテクノロジーが、ましてや政治が変わろうとも、自分がおもしろいと思うことを自分の物差しで見つけて発信している限り、めしぐらい1人で食べて行ったるわいと思った15周年〜
めでたしめでたし15周年〜
を、祝ってくれる友達のいるありがたさ。
あまいさん、姫ちゃん、いつも楽しくやさしくおいしく遊んでくれてありがとーショコラ!
食べあるキングのお二人に感謝!
フローズンヨーグルトめちゃうまでした〜。
ベジアナ@あゆ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.