画像: 「神田 鳥すきやきぼたん 老舗の味」

「神田 鳥すきやきぼたん 老舗の味」

鳥すきやきのぼたん。初訪問。
ギラギラの秋葉原から行くと、目が慣れないくらいに暗い路地。
あたたかい色の照明に照らされたお店。
大広間でなく個室でのお食事。
御座敷に塗りの膳が並んでいました。
床の間に荷物を置いてくださいといわれた...
まず運ばれてくるのは銅板がしかれたこんろ。
特注の鉄鍋がのっかっており、炭が入れてあります。
小さな鉄鍋なのでたくさんはいれられません。
一人分ずつ。
でもこの大きなお皿に乗っているのが一人分なんです。結構な量ありますよねー
美しく並べていただいたすきやき。
あとは自分たちでやるのでこれを覚えておきます。
部位はもも、むねなどだけでなくモツ(砂肝やレバー)も。
しらたき、焼き豆腐、ねぎが乗ります。
ぐつぐつー
炭火でも結構強めに火が入っていきます。銅板の熱伝導率もそれらを助けているなぁ
鶏肉なのでしっかり火を通します。
身は締まっていてとてもいい。
千葉っていったかなあ、鶏肉。
途中つくねも出てきます。
出始めた具材からの出汁を吸う吸う。うんまい。
鶏の竜田揚げも頼んでみた。
おいしいけど、おなかのほうは鍋だけでもしっかり満足できますよ。
サクサクだった。塩で食べるの、オススメ。
さいごはおひつのご飯がとどき、
残ったすきやきを卵でとじる。
すき焼き親子丼の完成ー
割り下のバランスが好みでした。お値段的には安くはありませんがこの雰囲気を楽しめるなら一度はぜひ。
帰りはやっぱり秋葉原から。
この街はすごいなぁ
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.