画像: wineloverマリアージュ講座@恵比寿モナリザ

wineloverマリアージュ講座@恵比寿モナリザ

こんにちは! 先日、wineloverボルドー講座の最終回となるマリアージュ講座が各クラスで開催されました。 まさに講座の真骨頂とも言えるこちらのイベントのちょっとご紹介させていただきますね。 今回の会場は......恵比寿の老舗フレンチレストラン『モナリザ』さん。同店の河野シェフは、ジョエル・ロブションの愛弟子として従事され、恵比寿「タイユバン・ロブション」初代日本人シェフを務めた方。97年に独立され『モナリザ』を開業し、20年にもわたり厨房で指揮を執っていらっしゃいます。 今回のメニューはシェフやソムリエさんと試行錯誤を重ねて完成された、特別メニュー。冬の名残と春のはしりが凝縮された、魅力的なコースに仕上げていただきました。 さっそくマリアージュをご紹介させていただきますね。 今回のワインはもちろんすべてボルドーワイン!......というわけで、乾杯はクレマンでスタートです。 クレマン・ド・ボルドー ジャイアンス ブリュット ロゼ NVこちらはメルロをトラディショナル製法で仕上げた美しい桜色のクレマン・ロゼ。サクラアワードで受賞したり、バリュー・ボルドーにも選ばれたりと、毎年、様々なコンクールで受賞を果たしていることでも知られる、人気のクレマンです。 アミューズひとつめのアミューズは桜エビのフライ。白玉とあえたお餅のような食感が楽しく病みつきになりそう。桜エビの色調と香ばしさに桜色のロゼ・クレマンの酵母のニュアンスが同調します。まさに春爛漫のマリアージュ。2種目のアミューズはグリーンピース、コンソメゼリー、玉ねぎのブルーテの3層のムース。玉ねぎの甘みや、コンソメの旨味もロゼ泡にきれいに寄り添います。ムースのスムーズな口あたりを、クレマンのきめ細やかな発泡とともにお楽しみいただきました。 レ・ザルム・ド・ラグランジュ 2015さて、今回の目的のひとつは......同じ造り手の3つのラインを飲み比べて、その共通点と相違点をさぐること。われわれ日本人にも縁のあるシャトー・ラグランジュをテーマとしました。まずはラグランジュが造る白から。 同シャトーの面積は113haもあると言われていますが、白ワイン用品種が植えられているのは僅か4haなのだとか。新樽率を高めにすることで、爽やかさのみならず複雑味や適度なボリューム感をも兼ね備えています。 そして合わせたお料理は...... エビのクレピネット ほうれん草のピューレ甲殻類の風味にレ・ザルム・ド・ラグランジュのもつ、ソーヴィニヨン・ブラン由来の柑橘のニュアンスを合わせて。鮮やかなグリーンのほうれん草のピューレと、青々としたSBの特徴香も同調します。 レ・フィエフ・ド・ラグランジュ 2013さて、お次はラグランジュのセカンドワインが登場。「フィエフ」とは「領地」のこと。ラグランジュの土地でしっかり育てられたブドウを使っていることが、ここにも謳われています。では何がファーストと違うのか......というと、まず一つはアッサンブラージュ比率。 セカンドはカベルネソーヴィニヨンが61%でメルローが3 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.