画像: 月鳥(武蔵小山)

月鳥(武蔵小山)

ランチはあまり気にしないが、 夜の一人飯には一過言ある。
知り合いに会いそうな店は避ける。
万が一知り合いに遭遇したとしても、恥ずかしくない店がいい。
一人の背中を遠くから見られたとしても、寂しく見えない店がいい。
一人焼肉は、なかなか照れる。
一人イタリアンは、もっと照れる。
カウンターならギリセーフだが、
以前知り合いが遠くのテーブルで一人飯していて、
その背中の寂しさに泣きそうになった。
(こっちは合コンだったので声をかけるのはやめておいた)
そんな中、自分史上最高の一人飯にいい店がある。
武蔵小山にある「ひな鳥半身唐揚げ 月鳥」 。
名物料理、ひな鳥の半身唐揚げが最高だ。
手羽から、胸肉、モモまで、一羽分を部位ごと楽しめる。
レモンサワーとホッピーを同時にオーダーし、 鶏の部位により飲み分ける。
まるでワインの泡と赤を飲み分けるように。
ちなみに、この店、瓶ビールやホッピー(ソト)は、
自ら冷蔵庫から出し、 栓抜いて飲むシステムなのが、気楽な一人飲みにいい。
ひな鶏なので、見てのとおり、手羽が小ぶり。
これが柔らかくて、よーく揚がってるので骨までバリバリいける。
皮のパリパリと身から出る澄んだ鶏脂には、 やっぱりレモンサワーが合う。
飲みながら口でレモンを絞る感覚で。
鳥わさのつけダレ。 わさび醤油とポン酢、そして酢が多めなのがいい。
この肉を食べたあともタレをキープしておき、
胸肉など、ややぱさつくときに、ここに浸けて食べると、
また味変できていい。
これには黒ホッピーが合う。
〆は鶏めしにぎりと、白菜の漬け物。
ゴボウのシャキシャキがいい感じで、 にんにくが効いていて、
まるでステーキの〆のガーリックライスのよう。
そこに白菜の漬物を入れ、さっぱり仕上げていく。
自分史上最高の一人飯、鶏のフルコースだ。
もちろんデートにも、ファミリーにもいい。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.