画像: 3おいしい「くまもと あか牛」宿泊は「山の里」へ

3おいしい「くまもと あか牛」宿泊は「山の里」へ

食べあるキングで熊本県に「あか牛」探求の旅〜。宿泊は阿蘇山のふもとにある「山の里」さんですhttp://aso-yamanosato.com/ 「山の里」さんは自家牧場であか牛を肥育されており、まずは牛舎を見学させていただきました。 きゃー♪ あか牛とご対面!可愛すぎる!最初にあか牛と会って感じたことは「穏やかで人なつっこい性格」です。 穏やかで動きもゆったりしています。近くまでいくとキュッと寄ってきてくれたり。牛舎独特の匂いも無く、空気もやわらかく感じました。生産者の 井 俊介(い しゅんすけ)さんにそうお伝えしたら、 井さん曰く「おそらく餌と育て方の影響でしょうね。放牧でのびのび育ち、ここでも草を中心に食べているからだと思います」とのこと。 ふむふむ。 確かに人間でも「食べるものと環境で心身が成り立っている」わけです、あか牛さんも同じですよね。。。さらに詳しくお伺いしました。あか牛は、生まれたばかりの子牛は母乳をたくさん飲み、免疫力の強い牛になるそうです。病気になることが少ない、つまりストレスも少ないわけです。 さらに大自然の中で母牛とともにのんびり放牧され、餌は、草食動物の牛に適した牧草や野草をたくさん食べて育ちます。 お母さんといっしょ。愛情いっぱい。子牛もかわいいです〜〜〜しかも「山の里」さんでは牧草も自家牧場で生産管理され、さらに!牧草を中心にきな粉や独自ブレンドした配合飼料を与えるそうです。 このブレンド飼料が「あか牛」肉の旨みの秘密だそう。飼料はきな粉の甘い香りがしました .。。。。。。 さて、 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.