画像: 「ショコラ de イースター 2018」イースターエッグ作りに挑戦!/ エコール・ヴァローナ東京

「ショコラ de イースター 2018」イースターエッグ作りに挑戦!/ エコール・ヴァローナ東京

エコール・ヴァローナ東京さんで「イースターエッグ」作りに挑戦してきました!「ショコラ de イースター 2018https://cdeaster.com/ 」のプレゼンテーションも伺ってきたのでご紹介しますね ヴァローナはフランスの老舗チョコレートブランドです。2016年から日本で「ショコラdeイースター」を毎年開催され、毎年それはそれは華やかなフェアが開催されています(昨年までの様子 → https://cdeaster.com/)2018年の「ショコラdeイースター」は3/28〜4/1 代官山ヒルサイドフォーラムで開催されます。 。。。。。。。。。。。 ちょっとおさらいイースターはキリスト教の祝祭で、「春分の日が過ぎて最初の満月が出た後の次の日曜日」のこと。十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストが3日後に復活したことに由来する復活祭です。 「春の訪れとともに 大切な人たちとチョコレートを贈り合う」習慣があります。 なので、生命の誕生を表していると言われる「卵」をモチーフにしたチョコレートが多く見受けられるのです。同時に、割って生まれてくる様子がキリストの復活を象徴ともいわれています。 。。。。。。。。。。 特にフランスでは1年を通じてイースターにチョコレートを食べる比重がとても高く、日本でもその需要は年々高まってきています。(画像はフランスでの機会です) 卵型、カラフル、クラシックetc ・・・ いろんな個性が光るチョコレートたち。今年の「ショコラdeイースター」でも名だたるショコラティエさんの素晴らしい作品が展示されると思います。 ................. さて。今日はなんと「イースターエッグ」作りにも挑戦できるそう!わーい。ヴァローナ・ジャパン社、ファブリス・ダヴィドゥ エグゼクティブシェフに教わります! 繊細なチョコレートを扱うのは繊細な神経が必要。どかーんとした大雑把な私には なかなかのチャレンジです。テンパリングの重要性や温度感を体感しながらまずはエッグ型を作っていきます チョコレートは34.5〜35度で溶けはじめます。(カカオバターが分解します)一番重要なのは「テンパリング」と言われる温度調整。 今回は 45度 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.