画像: #これが照寿司のやり方で話題!照寿司@福岡県北九州市戸畑

#これが照寿司のやり方で話題!照寿司@福岡県北九州市戸畑

どうも!先日、北九州に行ってきた姫です。 夜は、こちらにお邪魔しました。 トゥ 『照寿司』外観戸畑にある『照寿司』です。店内は、カウンター席の他、個室もあります。この日は、カウンター席でした!(^^)! 渡邉貴義氏真剣に刀みたいに長い包丁を巧みに操るのは、こちらで三代目の大将渡邉貴義氏です。これから出てくるネタの数々は、九州、山陰(主に山口県産)産です。食材へのこだわりは、これからご紹介します! とり貝 まるで牡蠣のような香りの貝で、身が大きくしっとりしてました。 福山わいん工房 スパークリングワイン 広島県福山市のソーヴィニヨンブランで造られた泡ものです。貝に合わせて、すっきりした飲み口のワインをいただきました。 子持ちイカ、タコ、たけのこ もち米が入っているかのようなもちもちのイカに、引き締まったタコ、春の息吹を感じる筍でした。 渡り蟹 韓国料理のケジャンでお馴染みの渡り蟹は、橙で塩辛にしてました。身がたっぷり入っていて良いおつまにになりました。 大将と鮑 500g以上を仕入れているというジャンボ鮑を、贅沢にも肝醤油でいただきました。 肝醤油とシャリ 余ったタレは、口の中でリゾットを作り上げることができました。 メバチマグロ 藁焼きにした鮪で、脂っこくない絶妙な状態を楽しめました。 フグ刺身 弾力がある身とコリッとした皮目となめらかな白子、それぞれの食感を楽しめました。 焼き白子 大将が小顔なのか白子が大きいのか比較しにくいですが、白子がとてもボリュームあるのです!すりながしにお餅のように大きな白子そして神奈川県産の天然トリュフをかけてました。とろける白子に馴染む食材達、これが、のけぞるほど絶品でした。 クエと鯛 ぎゅっとしたクエと脂の乗った鯛でした。 大将とノリグロ この大将のポーズ、「#これが照寿司のやり方」がSNSで話題になってますね。w。「海苔とノドグロで、ノリグロです」って真顔で手渡してくださいました。w。対馬のノドグロ「紅瞳」とシャリを海苔で優しく包み込むようにして ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.