画像: 天寿し 京町店@福岡県北九州市小倉

天寿し 京町店@福岡県北九州市小倉

どうも!先日北九州に行ってきた姫です。 博多で1泊した翌日は、新幹線で20分程乗車し、小倉に行きました。お昼に向かった先は、こちらです! トゥ 天寿し 京町店 店内にて 先代の頃から食通をうならせてきたあの名店に満を持して行くことができました♪まず、入店してすぐに「お寒い中ありがとうございます。」と温かいご挨拶から始まり、カウンター席で、和む空間をつくってくださいました。「うちは、お客様のお手元にムラサキを置かないんですよ。」そう丁寧に説明してくださったのは、こちらの大将天野功氏。醤油ではなく、カボスをかける「九州前」なのです。各席の前に、手を水で洗えるように設計されていて、おしぼりでふけるようになってます。そして、お寿司に集中すべく、お酒は扱ってません。その代わり、お茶を適温でおかわりしてくださいます。わんこお茶状態!さて、お茶で癒されながら、お任せコースのスタートです! 大トロ まずは、優しい食感のトロから。ネタが覆いかぶさる位のやや小ぶりなシャリ。このバランスによって、今後何種も食べてみたくなる気が増しました。 イカ 踊りそうな動きある飾切りのイカに、飛子や胡麻がまぶされてました。鮮度あるハリ感がありながら、歯でほぐれやすい工夫がなされてました。 車エビ 江戸前はしっかり火を通し、硬めですが、こちらのは、レアに近いもっちり感がありました。 炙り〆鯖 これも江戸前との比較になりますが、「九州前」は、炙りも良しという考えで、香ばしさと身の引き締まった状態を味わえました。 たいらぎ炙り 雲丹 身厚なたいらぎに濃厚な雲丹がソースのように合ってました。 真鯛 程よい酢飯に真鯛の甘味が絶妙でした。 太刀魚 韓国の煮付けみたいに、ふっくらした身に辛味がマッチしてました。 中トロ まぐろ節でとった出汁でヅケにしており、 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.