画像: ピザ協議会年次総会の記念講演で紹介したお店!

ピザ協議会年次総会の記念講演で紹介したお店!

本日のピックアップフォトは、狭山茶の抹茶とホワイトソースと合わせたベースに、苺をトッピングしてから焼き上げて、仕上げにマスカルポーネチーズと抹茶のクリームにナチュラルなグラノーラを乗せたドルチェピッツァです。
今回のブログは2月22日に開催された「ピザ協議会年次総会」の記念講演でJaffaが紹介した注目のピッツァとピッツェリアの紹介です。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
1994年から続く「ピザ協議会」の定時総会にお招き頂いて、「ピッツァ最新トレンド」というタイトルで、40分間の記念講演をさせていただきました。
僕も含めて一般の人や、ナポリピッツァ職人の皆さんなどは「ピザ協議会」について知らない方も多いと思うので簡単に説明すると、冷凍食品や冷凍ピザ生地などのメーカーや商社、製粉メーカー、トマトやチーズなど、ピザに関わる大手企業が関わる業界団体です。
ピザ協議会会長の大河原愛子氏は、JCコムサ代表取締役会長で国連WFP協会顧問、日米協会顧問なども務めている女性起業家の草分け的な存在です。
日本初の宅配ピザとして知られるドミノジャパンは、弟さんが創業され、会場でお話しさせていただいたご主人の大河原毅氏は、カーネルサンダース氏の揚げたフライドチキンを食べたという、元日本ケンタッキーフライドチキンの社長で創業時から会社を育て上げたというような実業家ファミリーで、大河原愛子会長もとても大きなオーラを持ってる方でした。
今回の40分間の講演テーマは「ピッツァ最新トレンド」でした。
昨年のユネスコの世界無形文化遺産登録や、日本で食べられるようになってきた、日本人世界チャンピオンのナポリピッツァ、窯の進化やコストダウンによってナポリピッツァが身近になったこと、ナポリの老舗人気店や現代ナポリの人気店について写真を使って解説をさせてもらいました。
また、後半では旨いナポリピッツァJaffaセレクションとして、僕のお薦めのピッツァをいくつかお話しさせて頂いてから、変った形のピッツァや、ドルチェピッツァなど、一般の方には馴染みの少ないピッツァについての紹介もさせてもらいました。
会場で聴いてくださる皆さんは、伊藤ハムや日本ハム、丸大食品、マルハニチロなどの冷凍食品関係の企業や、日清製粉や日本製粉、昭和産業など大手製粉メーカー、カゴメや野澤組など、トマトやチーズ関係企業、すき家やなか卯などの外食チェーンで有名なゼンショーグループの食品メーカー部門トロナジャパン、明治など、個人店ではなく、大企業の取締役や社長、商品開発責任者などの皆様が相手でしたが、自分も楽しみながらお話しをさせてもらいました。多くの方が真剣にメモを取りながら聞いてくれるので、こちらもついつい話したいことが増えて後半は急ぎ足になってしまいました。
講演会の後は懇親会場に移動して、お料理やビール、ワインを楽しみながら、僕の話を聞いていただいた方達と名刺交換をさせていただき、楽しい時間を過ごせました。
来賓も農林水産省食料産業局や製粉協会会長、輸入チーズ普及協会会長、日本冷凍食品協会などのトップクラスの方が集まり、プレス取材も業界新聞を中心に、9社も集まるという自分の予想を遙かに超える会で、講演をさせてもらえたことは自分自身にもとても勉強になりました。
貴重なチャンスを頂けたことに感謝です。
これからは、ピザ協議会のような大きな業界団体とも協力しあいながら、ナポリピッツァファンの裾野を広げていくような活動が出来たら嬉しいと思いました。
*11月20日はピザの日と制定したのもピザ協議会です。
ピザ協議会ウェブサイト
http://pizzakyogikai.gr.jp/
ピザ協議会Facebookページ
https://www.facebook.com/pizzakyogikai/
懇親会の時に当日紹介したお店やピッツァが、イタリアっぽい名前が多いので、メモ出来なかったという声も多かったので、参加された方の復習用にまとめておきました。
*ナポリのピッツェリア7軒はブログでは割愛しましたので興味ある方は個別にどうぞ(笑)。
中目黒:da ISA (ダ・イーサ)
2007年、2008年と、ナポリで行われた世界ピッツァ選手権で2年連続優勝。翌2009年も入賞し、大会史上初3年連続入賞を果たした世界一のピッツァ職人です。
日本全国に多くのピッツァ職人が居ますが、「徹子の部屋」に出演したのは山本さんだけです
サルヴァトーレクオモ
日本ナポリピッツァ職人協会会長を務める大西誠氏は、日本全国やアジア諸国に店舗を展開しているサルヴァトーレクオモのピッツァ部門のトップであり、2003年にピッツァ職人の世界大会で優勝した実力派です。
名古屋:ピッツェリア・ブラチェリア・チェザリ
2010年にナポリで開催されたピッツァ職人世界選手権「カプートカップ」のSTG(メイン)部門で優勝した牧島昭成さん。
名古屋:ソロピッツァナポレターナ
2014年にナポリで開催されたピッツァ職人世界選手権「カプートカップ」のクラシカ部門で優勝した太田真代さん。
広島:ピッツァリーヴァ
2012年イタリアのナポリで開催された「真のナポリピッツァオリンピック」のメイン部門である「クラシカ部門」で金メダルを獲得した大岡修平さん。
(左)恵比寿:パルテノペ恵比寿店「ピッツァ・パルテノペ」
一般的にDOCと呼ばれているピッツァで、水牛のモッツァレラチーズとミニトマトを使った高級なマルゲリータ。
(右)永福町:ラ・ピッコラターヴォラ「ブファリーナ」
マルゲリータのモッツァレラチーズを特別な水牛のモッツァレラチーズ(ブファラ)にした高級なマルゲリータ。
(左)北仙台:イルピッツァイオーロ「マリナーラ」
全国のピッツァを食べ歩いて現在マリナーラではこれがNo.1です。
生地の口溶けの良さと小麦の旨味がちゃんと伝わる驚きのピッツァ。
(右)都立大学:ガレオーネ「ピッツァ・リモーネ」
レモンのピッツァではここが一番好き!
広島の瀬戸田産のオーガニックなレモンとパンチェッタ(豚バラの塩漬け)を使ったピッツァ。
三軒茶屋「L'ARTE(ラルテ)」
(左)ポルケッタ(イタリアのチャーシューのような豚肉)
(右)ンドゥイヤ(豚バラと唐辛子のサラミペースト)とサルシッチャ(ソーセージ)
(左)広尾:パルテノペ広尾店「ジランドラ」
「たべあるキングの東京トレンドグルメ2015」にJaffaのお薦めとして紹介されたピッツァ。
風車の角の部分はサルシッチャと青菜を入れて中央はマルゲリータエクストラとルッコラです。
(右)大阪:ダ・ティグレ「アッティリオ」
ナポリの名店「アッティリオ」で修行したオーナーが名物の星形ピッツァを再現。
縁の部分にはリコッタチーズを包み、中央はマルゲリータ+サルシッチャという旨いナポリピッツァ!
(左)駒沢大学:ダ・ペッペ・ナポリスタカ「ドンサルヴォ」
ペッペ独自の美しい星形のピッツァで中央はマルゲリータエクストラで角の部分はリコッタチーズと辛口サラミとバジルが包まれています。
(右)亀戸:リンシェメ「スペシャルピッツァ」
かわいいアイスクリームのコーンと、アイスをイメージしたピッツァです。
乗ってるのは生ハムやモッツアレラチーズなど食事系です(笑)。
石神井公園「ジターリア・ダ・フィリッポ」
(左)抹茶とホワイトソースと苺を絶妙なバランスで組み合わせたピッツァ
狭山茶の抹茶とホワイトソースと合わせたベースに、苺をトッピングしてから焼き上げて、仕上げにマスカルポーネチーズと抹茶のクリームにナチュラルなグラノーラを乗せたドルチェピッツァです。
(右)地元加藤農園の苺とバニラアイスを使ったケーキのようなピッツァ
近くの農園で採れたての苺をたっぷりと使ったドルチェピッツァです。
ベースのピザ生地は、通常よりふっくらと焼き上げ、バニラのジェラートを包むようにカスタードクリームを塗ります。仕上げに粉糖をかけてからバーナーで炙って、クレームブリュレのようなドルチェピッツァに仕上げています。
(左)中目黒:ダ・イーサ「スペシャルドルチェピッツァ」
世界チャンピオン山本尚徳氏が作ったチョコレートとオレンジが印象的なピッツァ。
(右)戸越銀座:ピッツェリア経子「チョコレートと完熟バナナとソフトクリームのドルチェピッツァ」
ヘーゼルナッツとチョコレートのクリームヌテラに、完熟バナナ、添えられたミルクのソフトを乗せて。
(左)名古屋:ソロピッツァナポレターナ名古屋駅前店「ピッツァKIMBO」
ナポリのコーヒー豆KIMBOを使ったコーヒークリームとチョコレートが印象的。
(右)つくば:アミーチ「スペシャル・ドルチェピッツァ」
このときはイチジクのジャムやチョコレートソース、フルーツで見た目も華やか。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
ピザ協議会のFacebookページはコチラです
https://www.facebook.com/pizzakyogikai/
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.