画像: はしづめ(広尾)

はしづめ(広尾)

広尾駅から有栖川公園へ向かう途中の路地を左に入ると、右斜めに看板が見えてくる。
中華の概念にとらわれない料理、全てが美味しかった。
こういう店を知ってる人は、なんだか素敵だ。
大至急また来たい。
雰囲気、しつらえ、マダムのキャラもいい。
なにせマダム、僕がワインを頼むと、
「マドマーゼルもお飲みになりますか?」
と尋ねてきたんで、「はい???」とポカンとしてしまったのだが、なんてことない、同行した女子のことを、そう呼んでいた。
僕は一瞬、マドマーゼルという種類のドリンクか何かのことかと思った。
マドマーゼルという言葉が会話に自然にでてくる、、、
そんな上品でキャラのいいマダムのファンのようなお客が集まっているので、
客層もいい。外人だったり、ご近所マダムだったり、英語ペラペラのお婆さんだったり。
客層がいい店には、肩肘張らない洗練された空気が流れている。
どの料理も、意外なプレゼンテーションがあり、全てワインに合う。
特に印象的だったのは、
「牛肉の甘味噌炒め、特製クレープとともに」(写真)
どんな料理か、想像がふくらむ。
登場したのは、いわば、北京ダックの牛肉細切り版で、これが何とも美味しく、何本でも食べたくなる癖になる美味さ。
もちろん、麺にこだわるお店だけあり、
〆の麺もトロリとしたスープをつかみ、もちもちで美味しかった。
酸湯牛肉麺(貴州料理)。
そしてミネラルウォーターまでも、某ホテルのスイートルームに常備されてる逸品だったり、細かい。
ま、そんなストーリーに、我々のような者はいたくテンション上がるわけで。
そしてお土産でいただいた、手打ちうどんが、奇跡の美味さ。
美味くて倒れそうになった。
一度訪れて、2度感動。
カウンターはデートや女子会に、
奥には個室もあり、ファミリーや接待にもオススメ。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.