画像: 「シュワシュワ炭酸温泉であったまる! 玉梨温泉 恵比寿屋旅館&共同浴場、八町温泉」

「シュワシュワ炭酸温泉であったまる! 玉梨温泉 恵比寿屋旅館&共同浴場、八町温泉」

観光地を持っている自治体は、
冬の観光にすごく困っている(人が来ない)と聞いたことがあるけど。
冬の旅っていいよねと思う。移動のあれこれは確かに大変だけど、
冬しか見れない景色があるものー。
そしてやっぱり温泉と食だよね。
雪景色はなかなかいいなと思いましたこの福島の旅で。
都道府県面積でいうと全国で北海道、岩手についで3位という大きな県。
太平洋側から内陸まで拡がり、今回行ったのは会津地方にあたる
もう少しで新潟という金山町。
恵比寿屋旅館がこの日のお宿。
雪見できる共用スペースありました。
私のお部屋はこじんまりとした風情ある和室。
かけじくの前にテレビが置いてあるという、省スペース設計!
懐かしい雰囲気でしたよ。
リノベされた2部屋をショールーム!
和洋室になってました。
カップル向けですね!
旅館の温泉は炭酸温泉で、シュワシュワとして体に泡が付きます。
段々泡同士くっついて、結構大きな泡になるんですよ。
温度がぬるくても炭酸効果であたたまります。(熱いと炭酸が消えてしまいます)
旅館のごはん!
郷土料理や地元食材が使われた内容でした。
仁井田 聡 副町長のごあいさつでスタート!
山の中である奥会津・金山町。
お刺身を無理やり魚にしていないところが好感持てた。
生湯葉、地豆豆腐、自家製黒こんにゃく。
鰊(にしん)の山椒漬けは福島会津の郷土料理!
会津の家庭料理でもある、くじら汁。
旅館のお料理で、ここまで郷土食出してくるってすばらしい。
雪が激しくなってきた夜。
ちかくの温泉に行きました。
町営の温泉保養施設、せせらぎ荘。
さすが雪国!
靴箱がスノーブーツ・長靴仕様。
朝行ったらほかほかと施設から湯気が出ていました。
川沿いに立っていて景色もいいです。
2つの浴槽があり、炭酸温泉(大黒湯)と玉梨温泉の2つの源泉があります。
この地区の炭酸温泉は、炭酸が消えないぎりぎりの熱さがあるのが素晴らしいところです。
2つの湯船。
奥は玉梨温泉、にごり湯。あったかい。
手前はコーラみたいな色の炭酸温泉。底からお湯を入れることで炭酸を消さないようにしているの。
さらに近くには共同浴場があります。
こちらは朝に行ってみました。
さび色のお風呂。
とってもいい感じ!
ああう、すごい雪。
夜中のうちにふわふわの雪が降り積もってました。
こちらは八町温泉。
混浴です。
この道をかき分けて行きます。。
きゃおー
寄付した人の名前がずらり。
いい佇まいがあってステキな温泉地でした。(除雪車にワクワクするなど)
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.