画像: レモンのピッツァは都立大学「ガレオーネ」

レモンのピッツァは都立大学「ガレオーネ」

本日のピックアップフォトは都立大学駅の近くにあるガレオーネで僕が一番好きなピッツァ「リモーネ」です。広島の瀬戸田産のオーガニックなレモンとパンチェッタ(豚バラの塩漬け)を使ったピッツァです。
2月8日(今から)NHKの「ひるまえほっと」で紹介されるのでお時間がある方は、ぜひ今すぐ11時5分からNHKをご覧下さい。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
NHKのひるまえほっとを見てこのブログをチェックしてる方もいらっしゃるかもしれませんね。
ピッツァリモーネ(レモンのピザ)は、ナポリピッツァでは時々見かけるメニューですが、僕は全国やナポリで食べているレモンのピッツァの中でも特にこのガレオーネやカンブーザの高田太郎氏のピッツァ・リモーネがとても好きです。
ガレオーネで使うレモンは広島県瀬戸田の無農薬で作られたレモンで皮まで安心して食べられるのが特徴です。
今年に入って1月だけでなんと4回目のガレオーネ訪問になりました。(笑)
「レモンのピッッツァ」と聞くと、珍しいと思う人も多いのでしょうが、ナポリのアマルフィなど南イタリアにはレモンの産地も多く、ピッツァにもよく使われます。
僕がナポリで特に好きなピッツァリモーネは、王宮の街カゼルタにある「Capatosta」のリモーネです。
日本の人に分かりやすい表現をするなら、「焼き鳥」や「牛タン」にかけてさっぱりさせるのと同じで、鶏肉や豚バラを使ったピッツァにレモンを乗せると、肉の脂っぽさがさっぱりして美味しいですよ。
一般的には輪切りのレモンを乗せることが多いのですが、こちらでは食べやすいように薄く小さくカットされていて、肉やピザ生地と一緒に口に入ったときにレモンを主張しすぎないのが良いと思います。
パンチェッタ(塩漬け豚バラ)は、ベーコンと似てますが、燻製をかけていないから、肉の旨味やレモンの風味を生かすことが出来ます。
ピッツァイオーロの高田さんが準備をして、フォルナイオの駒形君が焼き上げます。
こういう分業のスタイルもナポリっぽいですね。
完成したピッツァリモーネをテレビカメラの前で見せる太郎さんは元来のシャイな感じが出てるかも。
高田さんの店「ガレオーネ」や「カンブーザ」では、色々なチャレンジ企画を開催しています。
スペシャルティコーヒーのMUIとコラ」ボして珈琲とのペアリングコースを企画したり、酒サムライでフジテレビ「とくダネ!の生CMでお馴染みのあおい有紀さんとのコラボで、イタリアンのフルコースに合う日本酒を楽しむ会を企画するなど、枠にとらわれることなく美味しいモノをもっと美味しく頼めることを考えています。
この期会にガレオーネのピッツァリモーネを楽しんでみてはいかがでしょうか?
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
ガレオーネ (GALEONE)
TEL:03-6459-5139
住所:東京都目黒区中根1-7-3 オフィス都立大ビル1F
交通手段
都立大学駅 徒歩1分
都立大学駅から142m
営業時間
「ランチ」11:30~15:00(L.O.14:00)
「ディナー」18:00~24:00(L.O.23:00)
*当店休業日前日は23:00(L.O.22:00)
定休日:月曜日 (祝日は営業・翌火曜日休み)
予算(お店より)
[夜]¥4,000~¥4,999
[昼]¥1,000~¥1,999
カード:可 (VISA、MASTER)
チャージ料なし
席数:38席
個室:有
貸切:可 (20人以下可)
完全禁煙
駐車場:無(近隣にコインパーキング有り)
お子様同伴
5歳未満のお子様、及び、ベビーカーでのご入店
ホームページ:
http://galeone2014.jimdo.com/
オープン日:2014年6月23日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.