画像: 恵方巻きを過剰に作らないスーパーさん、えらいねで終わる話じゃない食の問題

恵方巻きを過剰に作らないスーパーさん、えらいねで終わる話じゃない食の問題

ソウルで年末に食べたのり巻き
キンパです
ファーストフードみたいなお店
注文は紙にチェック!
いわゆる安い居酒屋さんみたいなシステム
キンパとチーズラーメンを頼んだ
どっちがどっちか忘れたけど3000ウォンとか3500ウォンとか
とにかく400〜500円の話です
なのに、注文を受けてからひとつずつ手づくりなのにわたしは密かに感動した
ぱぱは〜〜っと
具を海苔とごはんに巻いて
出来上がり
キムチ入り〜!できたてキンパ!!️
と、チーズラーメン食べた
溶けるチーズ乗せただけ〜〜
このところ、節分の恵方巻きの廃棄や食品ロスや、
余剰を出さないために広告で意思表示した兵庫県に6店舗だったか展開するヤマダストアの話題がネットニュースになっている。
よほど話題に飢えているのか、多くの人が一様にそのスーパーを称えているけれど(全く異論はないけれど)
ことの本質は、「意思表示したスーパーさん、えらいね」じゃないのでは。
食べものは、食べるために作るんです。
売るために作ると思っている人が多いけれど、
食べものは工業製品ではありません。
倉庫に保管しておけない。
ストックしておけるのは炊く前のお米、海苔、水を戻したり火を通す前の乾物。
野菜も基本は鮮度だから。
ということは、
注文を受けてから作る韓国のキンパが、いちばん安心安全で、かつ、サステイナブルだなあと思ったという話。
余計な添加物も入らない。
日本はなんでもセントラルキッチンで、スーパーでさえ作りおき。よって過剰包装。
もちろん、お弁当やテイクアウトできる食べものは大事だけれど、
注文聞いてから作るのが、高級寿司店や回る寿司店だけの国は、豊かな食文化とはいいがたい。
だいたい巻き寿司ぐらい家で〜〜〜〜
いや、それはわたしの口からは言えない。
何がなんでも家で作れなんて言えない。
わたし、巻き寿司の作り方知らんからね〜〜( ̄∇ ̄)
でも、作りたてのキンパ!
おいしそうでしょ〜〜(๑>◡<๑)
韓国はびっくりするぐらい合理的なところもあるけど、食文化に関してはかなりしっかりおいしく新鮮で伝統やこだわりを持っている気がします。
食べものは食べるためのものなんだってこと。
金に替える道具じゃない。
以上!
つぶやき〜〜
ベジアナ 巻き寿司アナあゆみ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.