画像: 「雪の国 奥会津へ!柳津で郷土菓子あわまんじゅうに舌鼓」

「雪の国 奥会津へ!柳津で郷土菓子あわまんじゅうに舌鼓」

福島県、多分15年ぶりくらいの訪問です。
それも、私会津は初めてなので雰囲気がわからなかったのですが、
行ってみたらとてもすてきなところでした!
さてまーずーはー。
この日は朝、バスにて出発。
乗り心地良くていいバスでした。
有楽町と京橋の間くらいにバスロータリーが出来たんですね~
丸ノ内鍛冶橋駐車場。
東京を出発しましたがこの日、あの、東京大雪の日だったんですよ。。
めちゃくちゃ天気わるくてグレーな世界。
いくつかのSA.PAでお休みしながら向かいます。
途中、東北自動車道上河内SAですてきなお菓子を見つけたので買いました。
うさぎやのチャット。
フォントが可愛いわー。いいパッケージ!
ままどおるみたいな感じだー。
おみやげでいただいたラスクのパッケージのすばらしさよ。
栃木すごいじゃん。
東北道は予想されていたほど雪がなく、順調に福島へ向かいます。
あいづ磐梯山は~、たかあらの~やまぁよ~♪...ってなんでこんな歌知ってるんだろう私...
何の歌だ?
最初に到着したのは柳津です。
柳津=やないづ です!
町民センターにめっちゃいい温泉があるということで、立ち寄り湯。
ローカルな雰囲気とレトロな建物。
300円で入れます。
脱衣所もきれいですし、
ロケーション!
実は目の前は桜の木ですよ!咲いたらすごそう~
しかも熱くていいお湯~♪
東北ってこういう感じなんだーーあ
ね、ぬる湯が好きな人もいるんでしょうけど、
わたしは熱いのが好きなんです!
しょっぱなから東北と相性いい。
しかもですよ、
外はもう大雪なんです。
しんしんと降ってる。
だから熱いお湯がいーの!
この柳津って、赤べこの発祥の地ですって。
赤べこカワイイですよねー
この辺りには「あわまんじゅう」という名物があるということで早速お店へ行ってみました。
岩井屋。
1個100円のあわまんじゅう。
お店でお茶を淹れていただいてイートインできます。
これがほっかほか!
蒸して作ったのち、そのまませいろに入れて作り立ての状態を保っているっぽい。
あわってこれです。
災害に”あわ”ない。っていう意味があるんですって。
もっちもちで美味しかったです。中はこしあん。
その後、あわまんじゅうの老舗は小池屋さんだと知る。
で、小池屋さんのも食べてみましたが、
岩井屋さんの方が甘さ控えめであわのつぶつぶとした食感があって私は好きでした。
さてここから只見線に乗って金山町へ行きまーす。
つづく
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.