画像: <新店>日本一の職人の店が洗足池にオープン!

<新店>日本一の職人の店が洗足池にオープン!

本日のピックアップフォトは、1月30日に東急池上線「洗足池駅」から徒歩3分ほどの住宅地に誕生したピッツェリア「Da Granza(ダ・グランツァ洗足池店)」の初日のランチで食べたマリナーラです。
オーナーシェフの坂本大樹氏は、ピッツァ職人のコンテストで日本一になった実績があり、テレビなどでも街の巨匠として紹介された実力派です。
1号店「Da Granza」は東急目黒線「洗足駅」近くにあり、既に人気店になっているので、今回の2号店も人気店になること間違いなしですね。
同じ店名で、最寄り駅も似たような名前ですから、食事会などで地元以外から初めて訪問する人は間違えないように気をつけましょう(笑)。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
1月30日にまたひとつナポリピッツァとイタリア料理の名店が誕生しました。
場所は東急池上線「洗足池」駅から徒歩3分程度の住宅街です。
1階と地下があって、スタッフも皆さん感じが良いので楽しくお食事できそうですよ。
店名のプレートもカッコイイ仕上がりですね。
地元以外の人には分りにくいと思いますが、「洗足」と「洗足池」は、同じ東急線でも全く別の路線なので、間違えないようにして下さいね!!
洗足=ダ・グランツァ洗足本店
洗足池=ダ・グランツァ洗足池店
ですからね!!
食事会などでもし電車を間違えて本店に行ったら、タクシー利用を強くお薦めします。
車で5分もかからない距離ですが、電車だと乗り換えで遠回りになりますから。
店内には小さめの薪窯が設置され、2012年9月に汐留で開催された真のナポリピッツァ協会主催のナポリピッツァフェスタのコンテストで優勝したときの賞状が誇らしげに掲げられています。
そのときの様子は下記のブログからどうぞ!
https://ameblo.jp/pizzanapoletana/entry-11357640188.html
小さなカウンター席があったので今回はひとりでカウンター席でランチを楽しみました。
店内は自然光を取り入れた明るい1階席と貸切り利用も出来そうな地下の客席に分かれています。
ランチとディナーのお得なコースメニューをご覧下さい。
洗足本店も洗足池店も家族連れや職場の仲間が集まるような気軽な利用客が多いので、料理やドリンクが充実していて、価格帯も使いやすいのがこのお店の特徴です。
本店も同じですが、このダ・グランツァはランチのサラダがしっかりとボリュームがあるのが野菜好きには嬉しいお店です。初日のランチサラダには自慢のポルケッタが乗っていました。
坂本君のピッツァは何度も食べていますが、コチラのお店は初訪問なのでマリナーラを注文しました。
まだ慣れない窯でしょうが、日本チャンピオンなので堂々と扱っていますね。
しっかりと焼きあがりを見極めていきます。
完成したマリナーラがこちらです。
しっかりと焼けていてなかなかのマリナーラでした。
これから、窯に慣れて、それに合わせた生地作りもするようになれば更に美味しくなると思います。
デザートにカッサータをいただきました。
本店も2号店もドルチェまで美味しいのが、女性ファンの心をつかむ人気店のポイントですね。
ナッツやフルーツの入った美味しいアイスケーキでした。
洗足本店に続いて、洗足池店のOPENを果たした日本チャンピオンの坂本大樹さん。
こちらの店舗もスタッフの方のサービスもメニュー内容も良いので、すぐに地域の人気店として話題になりそうですね。
今日はオープン初日で予告なしで伺ったので驚かせてしまいましたが、次は予約して色々と美味しいモノを頂こうと思っているので宜しくお願いします。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをクリックして頂けるとランキングに反映されるので応援よろしくお願いします
店名:ピッツェリア ダ グランツァ洗足池店
電話:03-6421-9696
住所:東京都大田区上池台2-37-6 鈴木ビル
交通手段
東急池上線「洗足池駅」から252m
営業時間
ランチ
11時30分〜15時(LO14時30分)
平日ディナー
18時〜22時30分(LO21時)
土日祝日ディナー
17時30分〜22時(LO21時30分)
日曜営業
定休日:水曜日
オープン日:2018年1月30日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.