画像: 贅沢な個室で楽しい肉会は西麻布けんしろう!

贅沢な個室で楽しい肉会は西麻布けんしろう!

本日のピックアップフォトは「西麻布けんしろう」で食べた最高に旨い赤身肉の盛り合わせです。
ここは毎回感動のある旨い赤身肉を個室でゆっくり楽しめる高級感のある焼肉屋さんなので、海外からのゲストとの会食や会社のスタッフへの慰労会などで利用すると必ず喜ばれるとっておきの店です。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
西麻布けんしろうは、既にテレビなどでも紹介されている人気店ですが、全て高級感のある個室で焼肉を楽しめる店なので、周りの目を気にすることなくゆっくりと会食が出来るお店です。
昨年末には、会社のスタッフ達の慰労会を兼ねた忘年会をやりました。
まずはシャンパーニュで乾杯をして、その後はワインやハイボール、日本酒、サワーなど各自好きなものを頼みました。ワインもケンゾーエステートなどレアなワインまで揃っているから、ワイン好きの方や海外のゲストにもとても喜ばれます。
今回のコースは、赤身焼肉膳コース:13000円(税別)+ドリンクです
初めに温かいカブのすり流しと、新鮮なけんしろうムンチュサラダをいただいて肉会スタートです。
初めは山形牛赤身の刺身3種盛りでした。
焼肉屋さんと言っても、「肉割烹」と呼ばれるスタイルで、前菜からデザートまで1人ずつ提供してくれて、焼き物も全てプロが炭火で焼いて最適な状態でお皿にとってくれます。
次はタン塩の2種類食べ比べです。
USプライムという最上級の牛のタンを新潟の雪室で30日間熟成させた肉と黒毛和牛のタン塩を食べ比べられます。
牛タンの焼き方もプロがしっかりと一番美味しい状態に焼いてくれるので待ってるだけでOKです。
名物のけんしろう焼は焼かない焼肉として話題になった低温調理を瞬間燻製にしたもの。
歯がない人でも食べられるんじゃないかと思うくらい柔らかくて旨い肉です。
途中で赤ワインやハイボールに切り替えて楽しみました。
ここからはトップの画像でも紹介した美しく盛り合わされた赤身肉を1種類ずつ説明して焼いてくれました。特選ハラミ入りの3種類の肉盛りです。
そろそろかな?なんて考えることもなく、ベストな状態で皿の上に乗せてくれるからすぐに頂きます。
ここまででもなかなかお腹いっぱいになってきましたが、まだまだ続きます(笑)。
「箸休め」として「土佐酢仕立ての酢の物」が登場
「温肉菜」は、和牛頬肉と季節野菜のシチュー仕立てです。
酢の物とシチュウで舌を切り替えたらタレにチェンジします。
焼きすき」は、こだわり卵で食べるサーロイン焼きすき!
ほんとに数秒炙っただけでこだわりの卵に絡めていただきます
本日のご飯、丹波産ヤマノイモのとろろご飯尾崎牛のしぐれ煮乗せ。
デザートはプリンでした。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記の3つのランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをクリックして頂けるとランキングに反映されるので応援よろしくお願いします
西麻布けんしろう
電話:03-6427-2949
完全予約制
住所:東京都港区西麻布4-2-2 Barbizon92 1F
交通手段
東京メトロ日比谷線 六本木駅 徒歩10分
東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩10分
広尾駅から743m
営業時間
【月~土】
17:00~24:00
ご予約の受付時間は月~土(12時~24時)迄となります。予めご了承ください。
定休日:日曜日 ※祝前日の場合は営業致します。
連休最終日にお休みを頂きます。
定休日:日曜日
予算(口コミ集計)
¥10,000~¥14,999
予算分布を見る
支払い方法:カード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
電子マネー不可
サービス料10%
席数:44席
個室:有(4人可、8人可)
全席個室
貸切:不可
全面喫煙可
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
隠れ家レストラン
ソムリエがいる
ホームページ
http://kenshiro-nishiazabu.com/
公式アカウント
https://www.facebook.com/nishiazabukenshiro/
https://twitter.com/nishi_kenshiro
https://www.instagram.com/nishiazabu_kenshiro
オープン日:2015年8月5日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.